【銀魂】月詠のかわいいシーン10選

スポンサーリンク

銀魂に登場する女性キャラクターの中で、クールで格好いいキャラクターとして登場した月詠。

その月詠が、普段とは違う可愛さを見せるシーンを「月詠のかわいいシーン10選」としてご紹介いたします。

>> 月詠は何位にランキング!?「銀魂可愛いキャラランキング」はこちら

スポンサーリンク

月詠とは

地下都市である吉原桃源郷の自警団“百華”の頭で、死神太夫と呼ばれ、吉原では最強とされている女性キャラクターです。

吉原には幼少期に連れてこられ、日輪と出会い、日輪とそこに住む吉原を守るために番人になることを選びました。

初代頭領である地雷亜に弟子入りして、女を捨てて武術を身につけた結果、いつしか死神太夫と呼ばれるようになりました。

性格は、クールで無愛想。

しかし、根は非常に優しく、表では逃げだそうとした遊女を粛正していると見せかけて、実は百華に匿っており、部下からとても慕われています。

弱点はお酒。

ウィスキーボンボン1つで酔っ払い、ひどいときは酒乱となってその場をかき乱します。

女を捨てたため、男関係は全く興味ないと思いきや、銀時と出会ってからは女性らしい感情が芽生え、銀時に思いを寄せているのではないかと思われる描写もあります。

しかし、男女の関係に発展することがない銀魂の作品なため、近からず遠からずという距離感が読者に悶々とさせていることも・・・

このクールなキャラクターが時折みせる女性らしい描写が読者に人気もあり、ギャップ萌えするシーンも多々あります。

そこで、今回はそんな可愛さに重視したシーンを選択しました。

スポンサーリンク

月詠のかわいいシーン10選

 

料理シーン

こちらは、月詠と日輪が晴太のために、晴太に友達ができるようにとお弁当(キャラ弁)を作るシーンです。

しかし、2人とも料理は全くだめなので、ゼロから作ることに・・・

料理本片手に調理しますが、結果は・・・

このシーンの見所は、月詠が頭巾と割烹着という珍しい姿で、かつ、苦手なりにも一生懸命取り組む姿が印象的です。

 

カカオよりココロ

これはバレンタインのワンシーンです。

神楽が、銀さんと新八にチョコを渡したいと思いたった回です。

しかし、神楽も照れ屋なので、普段扱いが雑な2人に面と向かってチョコを渡すのは恥ずかしい・・・

ということで、月詠とさっちゃんの力を借りることになります。

チョコレート屋さんにて、月詠は「日輪に頼まれてチョコを万事屋に送ってくれと言われてな」と言い、店員にチョコレートを頼むのですが、神楽とのやりとりを聞いていた店員が勝手にサービスして『ツッキーより愛をこめて万事屋へ』とボケが入ります。

その際に、銀時に渡す妄想をするなど、可愛らしさが窺えるシーンです。

 

月詠の酒乱

月詠は幾度となくお酒を飲むシーンがあります。

しかし、月詠はお酒にめちゃくちゃ弱いのです。

おかげで、ちょっとお酒を飲んだだけで、酔ってしまい、本人が記憶を失って、酒乱と化します。

詳しくは作品を読んでいくとわかりますが、銀時にだる絡みするシーンも、普段のクールな姿と比べてギャップがあり、可愛さもあるかと思います。

スポンサーリンク

黙リンス&お黙リンス

月詠と銀時は、鈴蘭の約束の人を探すという依頼を受けて捜索をはじめますが、2人がばったり街中で遭遇した時に、お互い何かを探しているというのを頑なに隠します。

しかし、月詠は百華の部下に「鈴蘭について有力な情報が・・・!」と話しかけられ銀時にバレ、銀時は新八と神楽に「バアさんの客についていい情報が・・・」と声をかけられ、結局お互い同じことをしているのに、素直になれない2人のシーンです。

月詠は部下に黙リンス、銀さんは新八と神楽にお黙リンスと、自分のしていることを隠すために放った名台詞です。

 

ハプニングシーン

よくあるシーンですが、月詠と銀さんのみにあるラブコメシーンのようなシーンが幾度か登場します。

何かの拍子で銀さんが月詠の胸を触ったり、顔を埋めたりしてしまい、殴られたり飛ばされたりと、2人の関係があるからこそのシーンだと思います。

 

吉原炎上編

月詠が守る吉原が舞台の長編です。

月詠が登場し、クールでかっこい月詠が沢山みれる回ですが、初登場ということもありまだ銀さんとの絡みはほとんどありません。

可愛さと言うよりも、月詠がクールビューティーな点で、見所があるため選出しました。

スポンサーリンク

幼少期

月詠の過去のシーンです。

日輪に拾われ、地雷亜に育てられた月詠ですが、あまり過去を語ることはありません。

地雷亜による月詠の稽古シーンですが、幼少期の月詠は、それはまた可愛らしさがまだある姿かと思います。

今のクールで格好いい月詠からは想像できないギャップがまだ良い?かもしれません。

 

紅蜘蛛篇

月詠は師匠である地雷亜と戦う長編ですが、その中に、銀さんに助けられるシーンや抱っこされるシーンまであります。

普段気が強い月詠が、銀さんに身体を預けているシーンは二人がとても良い関係にあるのではないかと思わせる場面です。

 

仮夫婦

紅蜘蛛編で登場した話ですが、月詠と銀さんが敵陣に潜入してしまい、夫婦という設定で敵に嘘をつくシーンです。

夫婦漫才というような感じですが、打ち合わせもなく二人が戸惑いながらも夫婦を演じる姿は、とても面白いです。

月詠に至っては、銀さんのことを“ウチの旦那は100倍強い”と言ったり、銀さんに対して認めている風な描写があり、息がぴったりでお似合いな二人のシーンです。

 

愛染香・惚れ薬

月詠と銀さんのカップルシーンが絶頂な回です。

惚れ薬のおかげで月詠が銀さんにべた惚れしてしまいます。

ぜひ見て欲しいため具体的なネタバレは伏せますが、もちろん最後は惚れ薬が切れてしまいます。

しかし、その時の2人のやりとりがとても微笑ましく、もう付き合っちゃえ!と思えるシーンになっています。

とにかくこの回は、銀さんも格好いいし、その銀さんに対する月詠の思いが溢れ出ている回という見所満点です。

 

>> 月詠は何位にランキング!?「銀魂可愛いキャラランキング」はこちら

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

銀さんとのシーンが比較的多いですが、月詠の可愛さは乙女心が垣間見れるシーンにて、見れると思います。

否定派もいるとは思いますが、特に銀さんといるときの月詠は普段とのギャップから可愛いとの評判もあります。

これ以外にも細かい描写もたくさんありますので、ぜひ読み進めていく中で発見していただければと思います。

銀さんと月詠がくっつくことはないとは思いますが、二人の関係を暖かく見守るとまた違う点で面白いかも知れません。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)