【鬼滅の刃】最強キャラ決定!強さランキングベスト10

スポンサーリンク

 

鬼と人が相容れない存在として、鬼は人を蹂躙し、人は鬼を倒すために鬼殺隊を結成して、早数百年・・・

鬼と鬼殺隊との戦闘が日々繰り広げられる中で、主人公である竈門炭治郎(かまどたんじろう)は、妹のために、鬼を滅する隊員となります。

そんな「鬼滅の刃」に登場するキャラで最強キャラは誰なのか!?

ということで、今回は「鬼滅の刃!最強キャラランキングベスト10」を作成しましたので、ご紹介いたします。

なお、今回の最強ランキングは、作中に登場する、鬼、鬼殺隊含めたランキングとなっており、2018年9月現在での強さと成長力を含めたランキングとなります。

独断と偏見があるため、ご意見がある方はぜひお願いします。

スポンサーリンク

 

鬼滅の刃最強ランキングベスト10

 

10位 炭次郎の同期

我妻善逸(あがつまぜんいつ)と嘴平伊之助(はしびらいのすけ)、他にも風柱の弟であり、現在、上弦の肆である半天狗(はんてんぐ)を炭次郎と共闘している、不死川玄弥(しなずがわげんや)が炭次郎の同期としています。

 

彼らの成長は炭次郎に引けを取らず、善逸は雷の呼吸、伊之助は独自の獣の呼吸、下弦の壱である鬼の魘夢との戦闘、その後の修行、そして上弦の陸との激闘を経て、今後の活躍も期待できるキャラクターです。

また、不死川玄弥は呼吸が使えなくとも、鬼の一部を食して力を得るという特異体質を利用した戦い方をします。

炭次郎と共闘して上弦の肆である半天狗と死闘を繰り広げていますが、鬼の一部を食す能力を使わずして戦っていることから、持っている身体能力は相当のものだと考えられます。

 

サブキャラクターといえど同期というのは、一緒に成長していく味方なため重要キャラクターとなっています。

そのため、成長も主人公と同じくらいのレベルまで達することが多いと考えられるため、これからの期待を含めた10位としました。

 

9位 竈門禰豆子(かまどねずこ)

炭次郎の妹であり、炭次郎の力の源。

1話目にして鬼化してしまったヒロインですが、かろうじて理性を保ち、炭次郎とともに旅をしています。

昼間は炭次郎の背負っている箱の中で眠り、エネルギーを補充しています。

基本は“人間はみな家族で、家族を襲う鬼は敵“ということを意識下にすり込まれており、これにより人を襲うことはありませんが、言葉を交わすことができないほどコミュニケーション能力は低下してしまっています。

戦闘においては、上弦の陸との戦闘で開花させており、多くの人を喰ってきた鬼よりも上回る回復スピード、そして上弦の鬼を吹き飛ばすパワーがあり、これは鬼舞辻無惨から多くの血を分けられた結果だと考えられます。

また、本来血鬼術という能力を得るには、多くの人を喰わないと開花しないはずが、血を爆熱させ、血が付着した対象を焼却あるいは爆裂させることができる能力を得ています。

これは、鬼のみに有効で、鬼の再生能力を遅らせることも可能となり、炭次郎の刀に血を塗って燃やした刀にも使えるなど、炭次郎をサポートすることもできます。

 

戦闘がパワータイプなため、戦闘センスは皆無ですが、上弦と互角に渡り合ったことも含めるとこのランキングかと思います。

 

8位 霞柱・時透無一郎(ときとうむいちろう)

柱の1人で、霞の呼吸の使い手です。

「刀を握ってわずか2ヶ月で柱に入った天才」と他の柱に言わせるほどの実力者。

 

日の呼吸の子孫であり、霞の呼吸と日の呼吸を使いこなす可能性があるキャラクター。

上弦の伍である玉壺(ぎょっこ)との戦闘中に、覚醒し、上弦の鬼を簡単に倒してしまいました。

また、作中最大の伏線である痣の発現もあり、今後の伸びしろもあるキャラクターだと考えられます。

 

7位 炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

上弦の中でも参番目に強いとされる猗窩座と互角に渡り合ったことと、一矢報いたことを加味し7位となりました。

炭次郎と善逸と伊之助は、最後を看取ることとなり、彼らの成長を担った1人だと思います。

戦闘に敗れ、死んでしまっていますが、その後も幾度か回想の場面などで登場するなどしており、重要キャラクターのうちの1人です。

呼吸に関して解説してくれたことも含めて、実力者の一人として7位にランクインしました。

6位 上弦の参 猗窩座(あかざ)

上弦の参、3番目に強いとされる猗窩座。

炎柱である煉獄を破りはしたものの、朝まで互角の戦闘を繰り広げた煉獄、そして、日の光を浴びることが出来ない為、やむなく炭次郎との戦闘を回避せざる終えなかった鬼です。

しかし、好戦的なキャラクターのため、炭次郎が発した挑発が悔しく、もう一度炭次郎の前に立ちはだかると予想されるキャラクターです。

炭次郎が煉獄を越えるために必要な噛ませキャラクターである可能性も高いため、6位となりました。

 

5位 竈門炭治郎(かまどたんじろう)

主人公である竈門炭治郎は5位にランクイン。

現時点では、どの柱よりも弱く、上弦の鬼を一人では勝てる強さはありません。

しかし、今後の成長を含め、少なくとも猗窩座よりは強くなるフラグがあるため、このランクとしました。

もちろん、最終的には1位になるとは思いますが、一人で勝つというよりは妹である禰豆子と二人で勝つということも踏まえて5位としました。

 

4位 水柱・冨岡義勇(とみおかぎゆう)

主人公、竈門炭治郎が初めて出会った柱であり、1話から登場している人物。

水の呼吸の使い手。

十二鬼月の下弦である累との戦闘では、顔色1つ変えず圧倒して勝利を収めてしまうほどの戦闘力です。

炭次郎と禰豆子を救っただけあり、重要なキャラクターであることと、未知数の力をもっていると考えられるため、このランキングです。

まだまだ底が知れないキャラクターですが、上弦の鬼との戦闘もみてみたいです。

 

3位 上弦の弐 童磨(どうま)

現在、柱より強いと予想される上弦2番手。

見た目は若く、さわやかなキャラクターですが、何を考えているのかわからない不気味さもあります。

猗窩座とは相性が悪いですが、猗窩座との一撃を「前より少し強くなったかな?」と言うほど、力の差があると考えられます。

柱より強い猗窩座を上から目線ということを考えると、作中3番手に強いことが考えられます。

 

2位 上弦の壱 黒死牟(こくしぼう)

https://twitter.com/M_int_tea/status/1037252537512910848

3番手である上弦の弐の童磨よりも上にいる黒死牟。

刀をもち、六つ目を持っているなど、未だに謎めいたキャラクターですが、上弦の壱番であることから、作中では2番目に強いと予想されます。

また、額の痣が耳飾りの剣士の痣と似ており、今後、何か重要なキャラクターであることも考えられます。

 

1位 鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)

作中のラスボス、鬼を作り、人知を越えた存在。

炭次郎の仇であり、鬼殺隊やお館様である産屋敷耀哉の最大の敵、また産屋敷一族の唯一の汚点であるということ。

謎に包まれたキャラクターですが、主人公の倒すべき相手であることは間違いなく、どの鬼よりも強いと考えられるため、堂々の1位です。

 

鬼滅の刃最強ランキング番外 珠世

禰豆子よりもはるか前に鬼化しており、なお人として理性を保ち存在している特異キャラクター。

鬼化を戻す薬の開発が可能になるかどうかは、この人次第。

薬が開発されれば、鬼を撲滅できる最強なキャラクターだと思います。

 

まとめ

鬼が上位を占めておりますが、今後の活躍、主人公や同期の成長、これらを加味すれば、上弦の鬼も下位にランクダウンしてしまいます。

しかし、個人の戦闘能力だけで考えれば、ある程度妥当だと思います。

柱も未知数なキャラクターもいるため、これからの展開に期待して読み進めていくと面白いかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)