【ブラッククローバー】カッコいいキャラは?イケメンランキングベスト10

スポンサーリンク

生まれつき魔力の持たない貧民街で育った少年「アスタ」が、クローバー王国を治める魔法帝になるために奮闘する物語「ブラッククローバー」。

そんなブラッククローバーにはたくさんの男性キャラクターが登場し、イケメンのキャラクターも数多く存在します。

そこで今回はブラッククローバーの中から「イケメンキャラクター」をランキング形式で紹介していきます。

スポンサーリンク

ブラッククローバーイケメンランキングベスト10

 

第10位 クラウス ・リュネット 

クラウス・リュネットはメガネをかけた灰色の短髪の魔法使いです。

金色の夜明け団の一員であり、ユノの先輩にあたります。クラウス・リュネットは王貴界の出身であり、プライドが高くマジメで頑固な性格です。

そのため最初は下の身分だったユノを憎んでいたり、アスタについても見下す発言が多くみられました。

性格的特徴としては心配性な一面もあり、真面目さが裏目に出ることもあります。

身長は176センチと高くスラリとしていて、あまり表情は変えませんがイケメンキャラクターの1人でもあります。

作中ではアスタやノエルが魔宮探索をした時に初登場していて、同じ魔宮にユノやミモザと動向しています。

先ほど説明したようにクラウス ・リュネットはアスタやユノを見下していましたが、魔宮でのマルスとの対戦でユノとアスタの活躍を見た事で心を許すようになっています。

現在はクラウスはアスタとも顔なじみであり、アスタのことも心配するなど良い一面も持っています。

クラウス・リュネットの魔法属性は鋼であり、鋼の武器や壁を作り出して戦闘をします。

防御魔法の鋼城の鎧壁や攻撃魔法の旋貫の激槍など攻守ともに強力な魔法を使います。

ただ今のところ経験も少ないことから、今後アスタやユノと共に成長することで更なる成長が期待されるエリートの魔法騎士の1人とも言えるでしょう。

作中でクラウスを好きという女性はまだいませんが、女性読者からは知的な印象を持つクラウスは人気が高いです。

 

第9位 レオポルド・ヴァーミリオン

レオポルド・ヴァーミリオンはフエゴレオン・ヴァーミリオンが団長を務めている魔法騎士団、紅蓮の獅子王に所属している魔法騎士です。

オレンジ色のツンツンとはねた量の多い髪と鋭い切れ長の目が特徴です。

また、目には黒い縁がついています。

レオポルド・ヴァーミリオンは少年漫画の王道の主人公の様な熱血かつ素直な性格であり、年齢も16歳とアスタと近いことから、アスタとは気が合うようで出会ってすぐに打ち解けています。

レオポルド・ヴァーミリオンはフエゴレオン・ヴァーミリオンを兄に持ち、その兄のことを尊敬しています。

また、兄同様いずれ魔法帝になることを目指していて、同じ目標を持つ身分の低いアスタに対してもライバルとして認めて同等に扱っています。

ブラッククローバーのなかでは「王貴界」の出身でありながら、アスタをバカにしない人物は珍しいことからも、非常にいい奴ということがわかります。

レオポルド・ヴァーミリオンの魔導書は「三つ葉のクローバー」であり、さらに等級が二等中級魔法騎士であることからも、若いながら実力の高いキャラクターと言えます。

レオポルド・ヴァーミリオンの魔法属性は兄と同じ炎でありますが、兄よりは強い魔法は今のところつかえません。

しかし、炎魔法の螺旋焔や爆乱焔などの炎を使った攻撃魔法が得意で、攻撃を積極的に行います。

見た目が幼いながらもかっこいいので、ショタ好きの女性ファンが多くブラッククローバーの中でも人気キャラクターの1人です。

 

第8位 マルス

マルスは赤みがかった髪がツンツンと逆立っていて、眉毛が薄く目つきが悪いのが特徴のキャラクターです。

マルスはダイヤモンド王国の八輝将であり、額に魔力を増幅させることができる魔導石が埋め込まれています。

ダイヤモンド王国では、幼いころから強くなるために厳しい訓練をされていて、殺し合いをさせています。

そのためマルスは感情をなくすようにしており、あまり自分の感情を表に出しません。

幼いころはファナという幼馴染の少女がいましたが、ダイヤモンド王国での最終訓練で一人だけが生き残るまで殺し合いをすることになりました。

そして、ファナが犠牲になったことで、より心に闇を抱えるようになっています。

そのため、登場した当初は冷酷なだけの無口な魔法騎士でしたが、アスタと戦って負けたことで過去の記憶が戻り、本来の性格を取り戻すようになりました。

その後は魔女の森を侵攻しましたが、アスタと再開することでアスタと協力するようになるなど良い人に変貌しています。

マルスの魔法属性は、鉱石と炎のと2つあります。

これはファナの力が移植された魔導書を使用していたことが原因です。

主に鉱石によって大剣を作り出して攻撃したり、鉱石の分身を作るなど非常に高度な魔法を使います。

暗い性格でしたが、そこからファナとの関係などがわかったことでギャップが生まれ、人気が出ています。

スポンサーリンク

第7位 フィンラル・ルーラケイス

フィンラル・ルーラケイスは、茶髪の長い髪を横にはねた髪型が特徴の青年です。

黒の暴牛団に所属しており、空間魔法の使い手です。

基本的に女性が好きでナンパを良くしていますが、優しい一面も多く持っています。

普段は、ヤミの移動手段として「アッシー君」扱いされていますが、アスタと共に戦うことによってサポートに徹し、仲間のために戦う男らしさも見せています。

フィンラル・ルーラケイスは、攻撃型空間魔法の使い手が多いと有名な名門貴族のヴォード家の長男です。

しかし、弟のランギルスの方が優秀でバカにされています。

そんな弟に昔は引け目を感じていましたが、友達や仲間に対して悪く言われたときは反論するなどの仲間思いな一面があることから見た目も性格も良いイケメンキャラクターと言えるでしょう。

 

第6位 リヒト

リヒトは「白夜の魔眼」の党首であり、本性は金色の夜明け団の団長であるウィリアム・ヴァンジャンスです。

四つ葉の魔導書を持っている実力の高い魔道士で切れ長の目が特徴です。

また、後ろに編み込んだ長い髪が特徴でもあります。

性格は非常に冷静でありながら狂気に満ちており、クローバー王国に対して強い復讐心や憎しみがあります。

リヒトの魔法属性は光であり、とても素早い光の攻撃や光を使った回復魔法を使うことができます。

 

スポンサーリンク

 

第5位 キルシュ・ヴァーミリオン

キルシュ・ヴァーミリオンは、常に寝ている未だ謎が多い魔女「ドロシー・アンズワース」が団長の珊瑚の孔雀に所属しています。

さらに、キルシュ・ヴァーミリオンは珊瑚の孔雀団の副団長も務めていることから、その実力の高さもうかがえます。

キルシュ・ヴァーミリオンは長めの髪を前髪だけ編み込んでおり、頭に鉢巻のようなものを巻いています。

顔は整っており、イケメンでたれ目が特徴です。

キルシュ・ヴァーミリオンは高貴の出で、妹は金色の夜明け団に所属しているミモザ・ヴァーミリオンです。

しかし、妹のミモザ・ヴァーミリオンには嫌われており、普段は冷たくあしらわれています。

性格は非常に明るく前向きであり、自分の事が大好きなナルシストです。

そのため周りからの目をよく気にしていて自意識過剰な部分もあります。

ナルシストすぎる部分はあります、がいつも寝ている団長に代わって実務の全てを請け負っているなど、責任感や仕事はできるという一面があります。

キルシュ・ヴァーミリオンの魔法属性は桜であり、桜を使った美しい魔法が特徴です。

作中では「魔桜の猛花吹雪(まほうのもうはなふぶき)~美しき私の幻を添えて~」というあたり一帯を大量の桜吹雪をまき散らして相手の目隠しをしたうえで、仲間に攻撃しやすいように道を切り開くなどのサポート魔法を使っています。

今のところは出番も少なく、使う魔法も一つしか判明していませんが、他にも桜を使った綺麗な魔法があると思われます。

極度のナルシストな性格だけに若干ギャグよりなキャラクターですが、顔自体は全キャラクターの中でもイケメンの方であり、女性読者からも人気が高いです。

 

第4位 フエゴレオン・ヴァーミリオン

フエゴレオン・ヴァーミリオンは、紅蓮の獅子王の団長を務めている男性キャラクターです。

30代くらいであり、長いオレンジ色の髪と紫の目が特徴的です。

性格は非常に熱く真面目で、作中でもトップクラスの「いい人」です。

特に、身分を関係なく差別せずに誰にでも対応する姿は、ブラッククローバーでは珍しいキャラクターとも言えます。

ただし、イケメンではありますが、あまりにも真面目すぎるのと顔が怖いので、人によって好みが大きく別れるかもしれません。

性格がかなり良いということで、性格イケメンとしてもこの順位としています。

 

スポンサーリンク

第3位 ラック・ボルティア

ラック・ボルティアは、黒の暴牛団に所属する少年であり、見た目は非常に可愛さもあるイケメンです。

性格は明るく元気な戦闘マニアであり、強い人を見ると戦わずにはいられません。

そのため少し自分勝手なところもあります。

見た目だけで言えば、ブラッククローバーのキャラクターの中でもトップクラスに「かっこかわいいキャラクター」であり、女性読者からの人気も高いです。

ラック・ボルティアの魔法属性は「雷」であり、主に雷をまとって攻撃をします。

 

第2位 ノゼル・シルヴァ

ノゼル・シルヴァは、銀翼の大鷲の団長を務めている男性キャラクターです。

シルヴァ家の者であることから非常に高貴な家の出です。

そのため見た目はカッコいいですが、性格は非情であり、身分の下の者や魔力の乏しい者には冷たく対応します。

イケメンではあるものの、前髪の先に十字架のようなものを垂れ下げた変な髪型をしていることから、若干イケメン要素が減ったとしても、「顔面偏差値」で言えば、トップクラスと言っても問題ないでしょう。

 

第1位 ユノ

ユノは、アスタと共に孤児として教会で育った少年です。

黒髪のさらさらへらーと涼しげな眼が特徴で、性格は普段はおとなしいですが、負けず嫌いな一面も持ち合わせています。

作中でもイケメンキャラクターとして扱われていて、多くの女性に好意を持たれている上に、女性読者のファンも多いので堂々の一位にしました。

魔法の才能が高く「四つ葉」のクローバーの魔導書(グリモワール)を手にしていることから、エリートでもあることもポイントが高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

ブラッククローバーイケメンランキング番外編

いやいや、まだまだイケメンはいるしょう!というあなたのために、ブラッククローバーイケメンランキング番外編をお届けします。

 

アスタ

アスタは、ブラッククローバーの主人公です。

グレーのツンツンとはねた髪が特徴的で、常に騒がしい熱い少年です。

負けず嫌いであり、どんな状況でも諦めない気持ちの強さや、誰にでも明るく接するコミュニケーション能力の高さなどがアスタの良いところですが、作中ではあまりイケメン扱いされていません。

しかし、実際にノエルが好きになっていたり、アスタのことを思っている女性キャラクターも多くいることからイケメンキャラと言えるでしょう。

 

ゴーシュ・アドレイ

ゴーシュ・アドレイは、片目が髪で隠れた青年であり、黒の暴牛団に所属しています。

パッと見は非常にイケメンで、性格も基本的にクールなのですが、妹のことを極度に溺愛するシスコンです。

妹のことになると手に負えないうえに、元囚人であるなど、イケメンでありながら、中身はダメな要素が多いので、この順位にしてあります。

ゴーシュの魔法属性は「鏡魔法」であり、鏡の反射によって自分の分身を作り出すことができることから、かなり強い魔法使いでもあります。

 

ユリウス・ノヴァクロノ

https://twitter.com/bclover_PR/status/965408092836978689

ユリウス・ノヴァクロノは、クローバー王国の魔法帝です。

短髪に優しそうなたれ目が特徴であり、大人の魅力を兼ね備えています。

性格も非常に良く、クローバー王国の人々のために常に国が良くなるよう努力している人物であります。

また、どんな人物にも気さくに話しかけるなどの上の身分でありながら、上下関係も気にしない寛大な心の持ち主です。

魔法使いの強さや見た目性格など、トップクラスにイケメンですが、年がそこそこ上なのでこのランクにしてあります。

 

ヤミ・スケヒロ

ヤミ・スケヒロは、黒の暴牛の団長を務めている男性キャラクターです。

ぼさぼさの黒髪と筋肉質の体が特徴で、筋肉好きな女性は好きな人も多いのではないでしょうか。

性格はめんどくさがり、かつ、粗暴な一面が多いですが、いざとなったら体を張って仲間を守るなどギャップがあり、人気キャラクターの1人です。

実際にヤミを好きな女性キャラクターも多いことから、イケメンと言って問題ないでしょう。

実力も高く、見た目や実力も兼ね備えているのでこの準にしています。

 

ロータス・フーモルト

https://twitter.com/bclover_PR/status/952722212993187842

ロータス・フーモルトはダイヤモンド王国の魔道士であり、「奈落のロータス」の異名を持っています。

黒い長めの髪でありながら前髪だけ極端に短い変わった髪型をしており、顎髭も特徴的です。

30代後半くらいのおじさんであり、渋いかっこよさがあります。

初登場はアスタやラックが魔宮に探索に来た時であり、ラックと戦闘をしています。

ロータス・フーモルトの性格は非常にめんどくさがりでとらえどころのないようなゆるさが特徴です。

また、泣き言や弱気な発言が多いですが、自分の実力を過信しすぎない慎重な性格であるということでもあります。

実際に弱気な発言を吐きながらもラックを弱体化させて逆転するなど、計算された戦闘を繰り広げています。

ロータス・フーモルトの魔法属性は煙であり、力はないながらも煙をあたり一面に充満させて相手を弱らせる魔法や、煙を十字架の形にして捕縛するなどの多様な魔法を使っています。

 

ジャック・ザ・リッパー

https://twitter.com/nbnl0420k/status/923599700053262336

ジャック・ザ・リッパーは、翠緑の蟷螂の団長を務めている男性キャラクターです。

黒髪の長いストレートと鋭い目つきが特徴で一見怖そうに見えますが、見方によってはイケメンとも言えます。

あまり登場回数も多くないため未だ謎の部分も多いですが、魔法騎士団の団長であることからも実力は間違いありません。

性格は非常に好戦的なので、あまり良い人には見えませんが、ヤミ・スケヒロのことをライバル視していたり、自分の魔法騎士団を誇りを持っていることから悪い人ではないと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

以上、「ブラッククローバーのイケメンキャラクター」をランキング形式で紹介しました。

ブラッククローバーは魅力的なキャラクターが多いので、誰が一番になるのかなどは不満がある人もいるかもしれませんが、個人的な独断で決めてみました。

あなたのお気に入りキャラクターはいたでしょうか。

自分だけのイケメンキャラクターランキングを考えてみるのも面白いかもしれません。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)