【名探偵コナン】最大のピンチは?コナンのピンチをまとめてみた!

スポンサーリンク

本格推理漫画「名探偵コナン」、いつも華麗な推理で事件を解決へと導くコナンですが、時には絶体絶命のピンチに陥ることもあります。

今回は、特にコナンがピンチになった場面をいくつかご紹介致します!

 

コナン!ピンチをまとめてみた!

 

「江戸川コナン誘拐事件」

ピンチ詳細

毛利探偵事務所に居候するコナンの元に母親だと名乗る江戸川文代という女性が訪ねてきます。

しかし、「江戸川コナン」は工藤新一の仮の姿…母親などいるはずがありません。

困惑するコナンをよそに彼女はコナンを連れ去ります。

 

さらに彼女は、コナンの本当の母親が工藤有希子、父親は工藤優作であるということ、そして正体が工藤新一であるということを知っていたのです。

黒の組織の仲間だと疑ったコナンは1度は逃げ出すことに成功するものの、またすぐに捕まり廃墟に監禁されてしまいます。

 

そしてそこで自分を誘拐した女性と、怪しげな取引について相談する仮面の男を目撃するのです。

なんとか彼らを出し抜いたコナンは、彼らが話していた取引の場所へと向かい、正体を掴もうとします。

しかし、そこは仮面の男の方が上手でありました。

忍び込んできたコナンを見つけ、「オレ様を甘く見た事をあの世で公開するんだな…そうだろ?高校生探偵、工藤新一!」そう言い、銃の引き金を引くのです…。

結末

この江戸川文代と名乗った女性と仮面の男は、コナンの実の両親、工藤有希子と優作が変装した姿でした。

2人は久しぶりに帰国した際に、阿笠博士から新一の身に起こった出来事を聞きます。

新一がどれだけ危険な立場にいるか分からせるために、一芝居うって思い知らせ、外国へと非難させるつもりでいました。

しかし、「これはオレの事件だから手を出すな。日本を離れるわけにはいかない」という新一の強い思いを聞かされ、遠くから見守る形を選ぶのです。

もしこれが本当に黒の組織のメンバーだったら、とっくにコナンはあの世行きとなっていたでしょう。

最後までハラハラさせる展開でした。

 

「青の古城探索事件」

ピンチ詳細

コナンと少年探偵団がキャンプに行った際に迷い込んだ古城には、数人の居住者と、その城に財宝が眠るという暗号が残されていました。

好意で宿泊出来ることになった一行は城の中を探索します。

そこでコナンは隠された秘密通路を見つけ、中に入り込みます…が、そこで何者かによって襲われ意識を失ってしまうのです。

そして、コナンを皮切りに、阿笠博士、元太、光彦と次々と姿を消していきます。

果たして彼らを襲った犯人とは?そしてこの城で数年前から起きている事故に関係はあるのでしょうか?

 

結末

コナンたちを襲ったのはこの城の大奥様で、実は整形によって大奥様に成り代わっていた元使用人の人物でした。

数年前に起きた火事や遭難事故もこの人物の仕業で、約10数名を殺害した、数ある事件の中でもトップの大量殺人鬼です。

コナンは、本物の大奥様の死体を隠し通路の奥で発見したことで襲われてしまいました。

ですが、コナンの眼鏡を拾った光彦が探偵バッチの通信機能を利用して監禁場所を見つけ、縄をほどいたことで難を逃れます。

結局、犯人の目当てであった財宝は、館のてっぺんから見る景色と館そのものだったというオチで、魂が抜け落ちたように脱力した犯人は駆けつけた警察によって逮捕され、事件は終わりを迎えます。

光彦のファインプレイがなければ、コナンも抜け出すことはできなかったでしょう。

少年探偵団の絆が見える傑作回です。

 

「洞窟の探偵団」

ピンチ詳細

またまた探偵団がキャンプに行った際に迷い込んだ洞窟の中で、死体を処理する男たちと遭遇してしまいます。

拳銃を撃ってくる男たちからなんとか隠れた探偵団でしたが、その際にコナンが腹部を撃たれてしまうのです。

負傷したコナンを担ぎながら、なんとか洞窟の出口を示す暗号を解読して脱出しようと奮闘する探偵団と、目撃者を殺すために跡を追ってくる男たち…。

コナンの意識がなくなる中で、歩美、元太、光彦は出口に辿り着くことができるのでしょうか。

 

結末

少年探偵団の3人はなんとか知恵を振り絞って、洞窟の出口に辿り着きます。

https://twitter.com/Conanlovehina/status/813718701430050816

そしてそこで、灰原が呼んでくれた警察によって男たちも無事に逮捕されるのです。

病院に担ぎ込まれたコナンは、蘭の輸血によってなんとか一命を取り留めます。

この事件が、工藤新一が一時的に復活した、杯戸高校の文化祭へと繋がっていく序章となっているのです。

 

「黒の組織との接触」

ピンチ詳細

コナンは、ある事件で黒の組織と取引するソフトが入ったCDを手に入れます。

取引相手の人物に成りすまして組織との接触を図り、その指紋の採取と発信機を取り付けるよう画策したコナンでしたが、ジンに見抜かれてしまいます。

さらに、CDがまだ温かかったことから、近くに身を潜めていると推測したジンがコナンを探し始めます。

とっさにロッカーに逃げ込んだコナンでしたが…

 

結末

さすがに大の大人(だと思っている)の犯人がロッカーには隠れられないと、探すのを諦めたジンのおかげで、コナンはあと1歩のところでなんとか見つからずに済みます。

しかし狭いロッカーの中に隠れたことにより酸欠なり、探偵バッチを頼りに探しにきた灰原に起されるまで意識を失ってしまいました。

起きたときには時間が経ち、ジンたちの姿は既に居なくなっていました。

スポンサーリンク

 

「黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二次元ミステリー」

ピンチ詳細

コナンがついに黒の組織のメンバー・ベルモットと直接対決を果たすシーンです。

彼女は杯戸高校の養護教諭である新出先生に変装して身を潜めていました。

 

それを見抜いたFBI捜査官のジョディは、ベルモットが灰原を連れ出そうとしたところを、一足早く灰原を連れて出掛け、ベルモットを誘い出し追い詰めます。

優勢に見えたジョディでしたが、ベルモットの仲間のカルバトスによって狙撃され、形勢は逆転…トドメをさそうとしたベルモットを灰原が阻止します。

 

この灰原こそ、コナンが変装した姿だったのです。

麻酔銃を突きつけ、優位に立ったコナンでしたが、そこに跡をつけていた本物の灰原が現われ、動揺したコナンの隙を突いて逆にベルモットに麻酔銃を撃たれ気を失ってしまうのです。

 

結末

コナンは気を失い、ジョディは負傷、ベルモットの前になす術もない灰原を助けたのは、なんと蘭でした。

蘭はジョディのことを不審に思っており、様子を探るためにジョディの車に身を潜めていたところ、たまたまこの現場まで一緒に来てしまっていたのです。

身を呈して灰原を庇う蘭に対してベルモットは引き金を引くことが出来ませんでした。

https://twitter.com/koh75179806/status/896355847214841856

さらにそこに、FBI捜査官の赤井秀一が駆けつけたことで不利になったベルモットはコナンを人質に逃げ去ります。

意識が戻ったコナンは、事前に身につけていたある装置によってベルモットがボスに連絡した際の音を録音し、それをネタにボスのもとへ連れて行けと要求します。

ですが、ベルモットは睡眠ガスを撒き、コナンが再び目を覚ましたときにはもうベルモットの姿はなく、録音した装置も破壊されてしまっていました。

 

「殺人犯 工藤新一」

ピンチ詳細

コナンは阿笠博士が風邪薬だと間違えて渡した「APTX4869」の解毒剤を飲んだことによって、服部平次や蘭たちと出掛けた先で、予期せず一時的に新一の姿に戻ってしまいます。

ちょうどその時、訪れた村では新一が犯人だと思われる傷害事件が起きていました。

この事件は、新一を逆恨みした犯人が、容姿を新一そっくりに整形し、容疑がかかるように起した事件だったのですが、服部と本物の新一によって見事に解決されます。

しかし、解毒剤の効果がきれ、蘭がすぐ近くに居るトイレの中で、コナンの姿に戻ってしまうのです。

さらに心配した蘭がドアの目の前までやって来てしまい…。

 

結末

この回が物理的に1番正体がバレそうになるギリギリだったのではないでしょうか。

しかし、コナンが焦ってトイレに逃げ込んでくるだろうと予測し、隣の個室に潜んでいた灰原によって、解毒剤をもう1つ手に入れ、再び新一の姿に戻ります。

効力が切れる前に、ちゃんと別れてからコナンの姿に戻りなさいと忠告する灰原でしたが、結局、新一はこの後も別の事件に巻き込まれ、同じような危機に陥ってしまうのです(笑)

その際は、蘭を麻酔銃で気絶させ難を逃れました。

 

まとめ

コナンのピンチは、閉じ込められたり、ヤクザに囲まれたりなどなど、実はまだまだ数え切れないほどあります。

その中でも今回は、際立ったものをいくつかご紹介致しました。

読み返してみると、本当に危険な場面が目白押しで毎回ハラハラさせられてしまいます。

ここまで生き延びたその強運と持ち前の頭脳を生かして、是非これからの活躍も期待したいところです!

ちなみに、映画版はさらにハラハラさせられるシーンが多々ありますので、そちらも是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です