【進撃の巨人】最強の人間は誰か?強さランキングベスト20!

スポンサーリンク

進撃の巨人に登場する人間のうち、人類最強の人間は誰なのでしょうか?

進撃の巨人最強人間キャラランキングベスト20をまとめましたので、ご覧ください!

スポンサーリンク

最強キャラランキングベスト20【人間編】

 

第20位 ミタビ・ヤルナッハ

  • 身長:191cm
  • 体重:81kg
  • 誕生日:2月20日

駐屯兵団精鋭部隊の班長を務めたミタビは、エレンに群がる巨人からエレンを守るため、地面に降りて巨人を引き付けました。

自殺行為にも等しい行為ですが、それしかエレンを守る方法はなく、多くの駐屯兵たちがミタビ班に続くことになります。

囮として真っ先に命を落としたミタビは、トロスト区奪還作戦に貢献した兵士のひとりといえるでしょう。

 

第19位 イアン・ディートリッヒ

  • 身長:188cm
  • 体重:82kg
  • 誕生日:3月10日

イアンは駐屯兵団の精鋭部隊の班長を務めていました。

トロスト区奪還作戦の際には、巨人化したエレンが暴走したにも関わらず、未来の人類の勝利のために自分達の命を懸けてでもエレンを回収することを命じました。

エレンが作戦通りに動き出したときには、エレンを死守するよう部下に命じ、自身も命を投げ打って人類の初勝利に貢献しました。

アニメ版では部下を助けて巨人に食われており、兵士として非常に勇敢だったことがわかります。

 

第18位 リコ・ブレツェンスカ

  • 身長:156cm
  • 体重:52㎏
  • 誕生日:12月7日

銀髪に眼鏡が特徴的なリコは、ミタビやイアンと同じく駐屯兵団精鋭部隊の班長です。

非常に保守的な考え方の持ち主で、不確定要素の多いエレンを使ったトロスト区奪還作戦にも否定的でした。

イアンに説得される形でエレンを守ることを決め、仲間が次々と戦死していく中エレンを守り切り生き残りました。

トロスト区奪還作戦成功の信煙弾を撃つときの「皆…死んだ甲斐があったな…」という台詞は多くの読者・視聴者の記憶に残っているのではないでしょうか。

 

第17位 サシャ・ブラウス

  • 身長:168cm(16歳時)
  • 体重:55㎏(16歳時)
  • 誕生日:7月26日

エレンの同期であるサシャは、調査兵団新リヴァイ班の兵士です。

立体起動を使って巨人を討伐するシーンはあまりないのですが、訓練兵団を第9位の成績で卒業した実力の持ち主です。

人一倍食い意地を張っていること、そして狩猟民族の出身であることからか、野性的な勘がよく働きます。

また、巨人に襲われていた村から少女を助けだすために弓矢で巨人に立ち向かったことがあり、直接矢を持って巨人の目を刺した挙句体術でもって巨人を倒すといったとんでもない偉業を成し遂げています。

 

第16位 コニー・スプリンガー

  • 身長:158cm(15歳時)
  • 体重:58㎏(15歳時)
  • 誕生日:5月2日

エレンの同期で、調査兵団新リヴァイ班に配属されたコニー。

訓練兵時代には小柄な分小回りが効き、機動力もありますが、バカなので作戦を誤認することが多いという評価を受けていました。

座学は壊滅的に悪かったのですが、それでも訓練兵団を第8位で卒業するほどの身体能力を持っています。

ウォール・マリア奪還作戦を生き残り、4年経った現在ではかなり実力をつけていると予想されます。

スポンサーリンク

第15位 ジャン・キルシュタイン

  • 身長:175cm
  • 体重:65㎏
  • 誕生日:4月7日

コニー、サシャ同様エレンの同期であるジャンは、調査兵団新リヴァイ班に所属しています。

訓練兵団を第6位で卒業している実力者であり、立体起動の性能を引き出すことに関しては同期の中でもトップクラスです。

現状を正しく認識する術に長けており、冷静に状況を判断して最善策を導く力はアルミンよりも高いと思われます。

指揮官としての強さが目立ちますが、巨人に掴まれながらも窮地を脱したり、ミカサを助けたりと、戦闘力もかなり高いです。

 

第14位 ニファ

  • 身長:165cm
  • 体重:58㎏
  • 誕生日:4月28日

アルミンに似ている女性・ニファは、調査兵団ハンジ班に所属する兵士です。

戦績などは明らかになっていませんがよくハンジと行動を共にしており、エレンとヒストリアが攫われた際には新リヴァイ班への増援として駆り出されていたことから、実力はあったのだと思われます。

一時的にリヴァイの下で行動していたとき、ケニー・アッカーマンによって散弾銃で撃たれ死亡しました。

 

第13位 モブリット・バーナー

  • 身長:176cm
  • 体重:65㎏
  • 誕生日:4月24日

モブリットは、ハンジが隊長を務める調査兵団第四分隊に所属し、副隊長を務めていました。

ハンジと常に行動を共にしており、時にハンジの補助を担当し、時にハンジに鋭いツッコミを浴びせ、時にハンジを守る、ハンジの良き側近です。

モブリットはウォール・マリア破壊以前から生き残っている兵士しか作戦の根幹を知らされていなかった壁外調査時の女型の巨人捕獲作戦に参加していたため、かなりの実力者だと思われます。

 

第12位 エルヴィン・スミス

  • 身長:188cm
  • 体重:92㎏
  • 誕生日:10月14日

調査兵団13代団長を務めたエルヴィンは、指揮官としての強さが目立ちますが、何年も調査兵団で生き残っていることを考えればやはり相当の実力者といえるでしょう。

分隊長時代から班員をひとりも死なせなかったことで知られており、前団長から指名される形で団長となっています。

団長として先陣を切る勇敢さ、自分の身よりも人類を優先できる覚悟、どれをとっても団長に相応しい男です。

エレン奪還戦で右腕を巨人に食いちぎられており、それ以降前線に立つことはできなくなりました。

 

第11位 ハンジ・ゾエ

  • 身長:170cm
  • 体重:60㎏
  • 誕生日:9月5日

ハンジは調査兵団第四分隊隊長を務めていた兵士です。

巨人の生態や謎の調査に情熱を注いでいる変わり者ですが、その実力はたしかで、ウォール・マリア破壊以前から生き残っています。

実験や実験に対する興奮で巨人に近づきすぎることもたびたびあったようですが、それでも五体満足で生き残っているあたりハンジの強さを感じさせます。

スポンサーリンク

第10位 グンタ・シュルツ

  • 身長:183cm
  • 体重:82kg
  • 誕生日:7月30日

グンタは調査兵団特別作戦班(通称「リヴァイ班」)に所属し、討伐7体、討伐補佐40体の戦績を持ちます。

リヴァイに実力を認められた優秀な兵士でしたが、アニ・レオンハートの奇襲を受け、死亡しました。

 

第9位 ペトラ・ラル

  • 身長:158cm
  • 体重:55kg
  • 誕生日:12月6日

ペトラはグンタ・シュルツと同じく、調査兵団最強部隊のリヴァイ班に所属しており、その中で紅一点の存在です。

討伐10体、討伐補佐48体という可愛らしいキャラに似合わない戦績を持ちます。

班員と共に「女型の巨人」を追い詰めましたが、「女型」の予想外の回復の早さに動揺したことが原因で死亡しました。

 

第8位 エルド・ジン

  • 身長:182cm
  • 体重:75kg
  • 誕生日:1月30日

調査兵団特別作戦班(通称「リヴァイ班」)に所属し、討伐14体、討伐補佐32体の戦績を持ちます。

巨人討伐数が同リヴァイ班のグンタ・シュルツ、ぺトラ・ラルを上回っており、かつペトラとオルオの先輩でもあることからかなりの実力者だと思われます。

「女型の巨人」と戦い、死亡しました。

 

第7位 オルオ・ボサド

  • 年齢:19歳
  • 身長:173cm
  • 体重:61kg
  • 誕生日:1月6日

調査兵団特別作戦班(通称「リヴァイ班」)に所属し、討伐39体、討伐補佐9体の戦績を持ちます。

老け顔が特徴ですがまだ19歳です。

リヴァイに心酔し、リヴァイの言動や髪型を真似ているのが特徴です。

他のリヴァイ班メンバーと比較しても巨人討伐数は群を抜いており、単なるおもしろいキャラクターではないことがうかがえます。

他の班員と同様、「女型の巨人」と戦い死亡しました。

 

第6位 ゲルガー

https://twitter.com/ETSU_Titan/status/917334088893087745

ゲルガーは南方より巨人が出現した際に、巨人が出現したもっとも危険な方角、かつ、壁の破壊箇所を特定する任務を担当する「南班」を任せられた調査兵です。

コニー・スプリンガー、ライナー・ブラウン、 ベルトルト・フーバー・リーネの錚々たる顔ぶれの5名で構成される「南班」を指揮しました。

ウトガルド城跡で複数の巨人を討伐し大健闘を果たしますが、予想外の巨人の大群に死亡しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第5位 ナナバ

  • 身長:172cm
  • 体重 :59㎏

ナナバは南方より巨人が出現した際に巨人から住民を避難させる「西班」の班長を務めました。

クリスタ・レンズ、ユミル、ヘニングの4名で構成された「西班」を指揮します。

ゲルガーとともにウトガルド城跡で、複数の巨人を相手に立ち回りますが、ガスを使い果たし捕食されてしまいます。

 

第4位 ミケ・ザガリアス

  • 身長:196cm
  • 体重:102kg
  • 誕生日:11月1日

ミケは人類最強の兵士といわれる「リヴァイに次ぐ」と言われ、対巨人戦闘能力では、調査兵団No.2の実力を持つ兵士です。

同時に複数の巨人を相手にするほどの実力があり、ウォール・ローゼ内に巨人が襲撃したときは、巨人に囲まれながらもひとりで5体の巨人を討伐しました。

しかし、常識の範囲外の行動を見せた「獣の巨人」により、死亡してしまいます。

 

第3位 ミカサ・アッカーマン

  • 身長:170cm
  • 体重:68kg
  • 年齢:15歳
  • 誕生日:2月10日
  • 出身地:シガンシナ区近郊

ミカサは12歳で第104期訓練兵団へ入団し、類まれなる逸材と評価され、104期訓練兵団を首席で卒業しました。

初陣のトロスト区攻防戦で多くの巨人を討伐し、イアン班長に「並みの兵士100人と等価…失えば人類にとっての大損害」と言わしめたほどの実力者です。

リヴァイやケニー同様、人類最強の「アッカーマン一族」の末裔であることがわかっています。

「ミカサの可愛いシーン」をこちらにまとめていますので、あわせてご覧ください。

【進撃の巨人】ミカサの可愛いシーン17選

2018.01.17

 

第2位 ケニー・アッカーマン

所属は、中央第一憲兵団であり、「対人制圧部隊」の隊長を務めました。

リヴァイに戦い方を教えた人物であり、その格闘能力はリヴァイと同じかそれ以上とも言われます。

人類最強のリヴァイに「脅威の度合いで言えば・・・敵に俺がいると思え」と言わしめるほどの実力の持ち主です。

ロッド・レイスが巨人化した時に致命的な傷を負い、死亡しました。

 

第1位 リヴァイ・アッカーマン

「1人で一個旅団(約4000人)の戦力」を持つと言われており、まさに「人類最強の兵士」です。

ケニーの甥にあたり、超人的な戦闘能力を持つアッカーマン一族の末裔であることがわかっています。

2体の巨人を同時に仕留めたり、「獣の巨人」を圧倒したり、「女型の巨人」が硬化するスピードより速くその前身を切り刻んだりと、その格闘能力の高さはもはやけた違いです。

「リヴァイ兵士長のカッコいいシーン」をこちらにまとめていますので、あわせてご覧ください。

【進撃の巨人】リヴァイ兵長のかっこいいシーン19選

2017.12.24

スポンサーリンク

まとめ

以上「進撃の巨人最強ランキング人間編」をご紹介いたしました。

進撃の巨人は戦闘シーンも見ものなので、「誰が強いんだろう?」というのは気になるところですよね。

もしかしたら今後もさらに強力なキャラが登場するかもしれませんので、これからの展開を楽しみにしておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)