【鋼の錬金術師】かっこいいキャラNO1決定!イケメンランキングベスト10!

スポンサーリンク

鋼の錬金術師の男性キャラといえば、漫画に疎い人でさえ知っているような知名度の高いキャラクターばかりです。

ファンともなればキャラとの結婚を真剣に考える人もいるかもしれません。

そんな鋼の錬金術師の魅力的で「かっこいいキャラ」を「イケメンランキングベスト10」としてまとめてみましたので、ご紹介します。

 

鋼の錬金術師イケメンランキングベスト10

 

第10位 グリード

 

はぐれホムンクルスのグリードがイケメンキャラランキングトップ10です。

顔はもとより、その生き様と哲学で「漢」を見せつけたグリードさん。

退場の早さに不満を抱いたファンも多いことでしょう。

悪役の標本のような欲深い顔立ちとアウトローなファッションが逆に安心感を抱かせる安定のイケメンキャラでした。

 

第9位 スカー

 

額の大きな傷、褐色の肌、精悍な顔立ちに光る赤い瞳が特徴的なイシュヴァールの民・スカーが9位にランクインです。

初期の頃と大きくデザインが変わったキャラでもあり、初登場時はサングラスをかけていて体型もスリムなデザインでしたが、物語が進むにつれて次第にゴツく逞しくなっていきました。

褐色の逞しい肉体がたまらないという方もいれば、スレンダーな頃の魅力が忘れられないという方で意見が分かれるイケメンです。

 

第8位 キング・ブラッドレイ

 

物語の舞台であるアメストリス国の最高権力者にして、肉弾戦において作中でぶっちぎりの強さを誇るダンディな敵キャラ、キング・ブラッドレイ大総統が第8位です。

イケメンというには渋すぎる気もしますが、オールバックで決めた髪と、手入れの行き届いた口髭、さらには眼帯キャラという「かっこいい要素の見本市」的な大総統は、やはり外せません。

そして極めつけはトレードマークの眼帯の下に隠れたホムンクルスの目です。

大人の男が持ち得るあらゆる魅力に加えて、中二心をくすぐる人外の魅力もあるという隙の無いイケメンさです。

 

第7位 ヴァン・ホーエンハイム

 

ご存知エルリック兄弟の実の父親にして作中最強レベルの錬金術師であるホーエンハイムがイケメンキャラ第7位に登場です。

たっぷり蓄えたあごひげと逆光メガネから、どこかホッとさせる雰囲気がありますが、時折見せるまなじりを決した時のイケメン具合は相当ギャップが効いています。

またホーエンハイムがかっこいいキャラたる所以は何といっても体の秘密を活かしたド派手な戦闘シーンです。

ポケットに手を突っ込んだまま大容量の錬金を行う余裕のある戦闘スタイルは、ホーエンハイムの大人の魅力をより際立たせています。

 

 

第6位 ジャン・ハボック

 

金髪咥えタバコの肉体派という、理想的なワイルドの体現者であるハボック少尉がイケメンキャラ第6位にランクインです。

見た目のかっこよさに加え、マスタング大佐の下で危険な任務にも恐れず向かっていく姿勢もハボック少尉のイケメン度を底上げしました。

ラストとの戦闘によって下半身不随に陥り、後半から出番がほぼ無くなってしまいましたが、伝説の名言である「大好きっす、ボイン」と女性の趣味を公言するお茶目な部分も持つ愛されイケメンです。

 

スポンサーリンク

 

第5位 マース・ヒューズ

 

この人抜きで鋼の錬金術師のイケメンキャラは語れません。

マスタング大佐の盟友にして親友、頭も切れて戦闘の腕もある、鋼の錬金術師中最高の、そして全ての漫画の中でも屈指のイケメン妻子持ちキャラです。

物語からの退場こそ早かったものの、その散り際があまりにも印象的だったことが、結果として彼の魅力をさらに際立たせました。

そしてヒューズ中佐のもう一つ魅力は、セットになることでマスタング大佐の魅力さえも底上げしてしまった点にあります。

本当にかっこいい男は1人で輝くものにあらず、です。

 

第4位 エドワード・エルリック

 

主人公エドワード、屈辱の表彰台落ちです。

いや、かっこいいですよ、かっこいいキャラなんですけど、上位3人が圧倒的というか、身長の低さが響いたというか……。

整った顔立ち、金髪三つ編みアホ毛持ち、寝顔も多く披露し愛嬌も見せ、最年少国家錬金術師の実力や、多少短気な部分があってもそれも表情豊かな証と思えるなど、イケメンらしさが飽和状態。

また手合わせ錬成や鋼の右手と左足のカッコよさは連載終了から7年以上経った今もなお斬新で、同様の要素を持つ他のどの漫画のキャラよりも際立っています。

…でも4位です。ごめんエド。ごめんなさいファンの皆さん。

 

第3位 リン・ヤオ

 

東の大国シンの皇子であるリン・ヤオが、主人公エドワードを差し置いて、いや蹴落として、堂々の第3位にランクインです。

糸目のイケメンキャラ、シンのなまりがあるため語尾はカタカナ、大総統と渡り合うほどの戦闘能力を持っているなど、もう要素が色々と盛り沢山です。

さらにグリードを取り込んで以降は目を見開いている時間も大幅に増加し、口調も変わるなどワイルド属性も付加されました。

さらには仲間を絶対に見捨てない、盟約は必ず守るなど、本物の白馬の皇子なキャラです。

 

第2位 ゾルフ・J・キンブリー

 

切り裂き魔のバリー・ザ・チョッパーと並ぶ2大イカレキャラとして名高い爆弾狂のキンブリーがまさかまさかのイケメンキャラ第2位を獲得です。

キリッとした目鼻立ちもさることならが、キンブリーをイケメンたらしめている大きなファクターはそのファッションです。

スーツ・コート・帽子を全て白で固め、黒い長髪をエドワードと同じローポジションで結んだ紳士スタイルにハートを射抜かれてしまった女性読者も多いはず。

戦いと殺戮以外に興味がないようでいて意外に哲学的なところもあり、信念を貫く人は例え敵であれ尊敬するなど、難があると見られる性格にも紳士な面が隠れています。

かっこいいキャラ第2位であると同時にかっこいい悪役ナンバー1の座をも獲得したことになる作中屈指のイケメンキャラです。

 

第1位 ロイ・マスタング

 

みなさんお待たせいたしました。鋼の錬金術師イケメンキャラ第1位はもちろん、やっぱり、そして絶対にこの人、炎の錬金術師ロイ・マスタング大佐です。

もはや初登場の時点ですでにこの結果はあらかた決まっていた感はありますが…。

指パッチンで炎や爆発を出すのも斬新で、錬成に必要な手袋に描かれた錬成陣と合わせて多くのファンと中二病患者を生み出した罪深い一面もあるのがマスタング大佐。

また無精ひげルックやオールバックなど色んなスタイルも見せました。

終盤でエンヴィーに対して見せたダークで容赦の無い一面も、多くの乙女心と中二病ロマンをくすぐったことでしょう。

鋼の錬金術師のみならず、おそらく全てのマンガの中でトップクラスのイケメンキャラです。

 

まとめ

今回は鋼の錬金術師のイケメンキャラをランキング形式でご紹介しました。

前述したように、全ての漫画の中で鋼の錬金術師のこのキャラが一番好きだという人も少なくありません。

それほどに魅力的でかっこいい男性キャラクターが多い鋼の錬金術師。作者が女性であることも関係しているのでしょうか。

多産家の作者のこと、鋼の錬金術師以外の作品を手に取ってみるのもいいかもしれません。

きっと鋼の錬金術師とはまた違った魅力のイケメンキャラたちと出会えるはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)