【ヒロアカ】死穢八斎會メンバーを一覧形式でまとめてみた!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミアの世界でも現実世界と同様に、闇の世界で暗躍する組織が存在します。

それが「死穢八斎會」です。

表社会のトップであったオールマイトと裏社会のボスであったオール・フォー・ワンが消えたことにより、頭角を現してきた組織で、まずは裏社会から乗っ取ろうと企む指定敵団体(ヴィラン予備軍)になります。

今回はそんな更なる悪の組織として登場した「死穢八斎會のメンバー達を一覧形式」で紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

死穢八斎會とは

表裏社会の2トップが消えたことにより、まずは裏社会から支配しようと目論むほぼヴィランのような組織です。

地下世界で細々と暮らしてきたとされ、小さなヤクザのような集団でもあり、ヴィラン連合程の知名度はありません。

しかし、若頭であるオーバーホールを筆頭にいずれも曲者ぞろいで、オール・フォー・ワンとは違ったやり方で個性を奪ってこの世を支配しようと企んでいます。

それでは、第2の闇の組織とも言える死穢八斎會には、どんなメンバーがいるのか確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

死穢八斎會メンバー紹介

 

治崎

 

特徴

死穢八斎會の組長が病気で床についてから組織の中心人物となった若頭。

組長が病気で寝込んだことに何か関係していると思われていたり、自ら組織の方針からずれた行動をとったりするため、組織のメンバーの半数は彼に疑心暗鬼になっており、メンバーとの信頼関係はあまり築けていません。

顔の半分を覆うほどのペストマスクを着用しており、人に触れられると蕁麻疹がでてしまうほどの潔癖症です。

静かそうな顔立ちからは想像できないほど攻撃的な一面を持っており、ヴィラン連合接触時にはヴィラン連合のメンバーであるマグネを殺害し、Mr.コンプレスの腕も吹き飛ばしてしまいました。

 

個性

個性は「オーバーホール」でその手で触れたものを分解、修復する能力になります。

生物から無機物までありとあらゆるものに対して有効で、例えば人間を跡形もなく分解したとしても修復で元通りにすることもできたり、壁を破壊して元通りにしたりもできるため、戦闘時や潜入時など様々な場面で活用でき、かなり汎用性に優れた能力になります。

 

壊理(えり)

 

特徴

オーバーホールと一緒にいた少女で、白髪で髪は長く右の額に特徴的な角が生えています。

 

個性

個性はまだ描写されていませんが、「相手の個性を一時的に破壊する」能力であると予想されています。

その個性と同じ効果を発揮する弾丸を組織が使用しているため、オーバーホールが自身の能力で娘の肉体の一部を使い、素材としているのではないかと考えられています。

 

クロノスタシス

特徴

オーバーホールの補佐として登場した白いコートで顔をマスクで隠した大柄な人物。

 

個性

個性は不明ですが、名前から時計が止まって見える錯覚と例えられることから、時間を止めたり錯覚を見せたりする個性ではないかと考えられています。

 

ミミック(入中常衣)

 

特徴

死穢八斎會の本部長で、肩掛けのズボンを着用しており、頭はツンツンで体格がよく重量感もある男性。

 

個性

個性は「擬態」で冷蔵庫くらいの大きさであればそのものの中に入り、自由自在に操ることができます。

ヒーローたちがアジトに潜入した時に迷宮を作りだした張本人で、冷蔵庫より大きなものに擬態できた理由は、個性を強化する違法薬物を投与していたためです。

個性のデメリットは、大きなものほど操ろうとしたときに大量を消耗するということです。

 

窃野

 

特徴

死穢八斎會の汚れ役を担う鉄砲玉八斎衆の1人で、オーバーホールと同じようなペストマスクをつけた髪の長い四白眼の男性。

彼女フラれ、借金を背負わされ、自殺しようとしたがヒーローに助けられて未遂に終わり、絶望したところをオーバーホールに拾われたためオーバーホールに恩を感じています。

 

個性

個性は「窃盗」で、相手が身に付けているものを自分のもとへ移動させ盗むことができます。

 

宝生

特徴

拳銃を使ったり素手で戦ったりもでき、スキンヘッドでマスクをした強面の男性。

 

個性

個性は「結晶」で、体から無数の結晶を生成することができ、その強度を利用して相手を殴ったり、攻撃から身を守ったりできるため、攻守ともに優れた能力となっています。

ヴィランからその個性を評価されたが、結晶が金銭価値のないものとわかった途端切り捨てられ、要らぬ人間だと打ちのめされていたところをオーバーホールに拾われた経緯を持っています。

スポンサーリンク

多部

特徴

布を頭からかぶり、目元だけ出したテルテル坊主のような風貌の男性。

社会に適応できず捨てられたところをオーバーホールに拾われた過去を持ち、ほかのものと違い理性がないように見えるが、窃野と宝生の3人は社会のゴミどうしで固い絆を持っており、彼らの言うことは聞いてくれる。

 

個性

個性は「」でどんなものでも一瞬で食らう歯と顎を持ち、食べたものはすぐ消化されお腹は満たされることがないといいます。

 

乱波

 

特徴

顔はマスクで覆われており、ミミックのように筋肉質な体格をしている。

違法な地下闘技場で来る日も来る日も戦闘に明け暮れていたところをオーバーホールに誘われるが、オーバーホールに戦闘を挑み敗れ去ってしまい、本意か不本意か死穢八斎會に身を置くこととなります。

とにかく戦うことが大好きでどちらかが死ぬまで戦うをモットーにしているが、自身に対して一矢報いた相手にはまた戦うために治療させたりするなど、極悪非道な悪党というわけではないとも言えます。

 

個性

個性は不明ですが、とにかく強力なパンチを連続で繰り出すことができるので肉体強化系の能力であると考えられています。

 

天蓋

 

特徴

乱波とコンビを組んでおり、オーバーホール同様ペストマスクを着用している常に冷静沈着な男性。

オーバーホールを様付で読んでいるため、乱波と違いオーバーホールをかなり慕っていると考えられます。

 

個性

個性は「バリア」で、対象の周りに半球状の幕の壁を生みだしすべての攻撃を防ぎます。

どこまでの攻撃に耐えられるのか、内側から攻撃できるのか等の詳細は不明となっています。

 

音本真(ねもとまこと)

 

特徴

帽子とペストマスクで顔を隠し、拳銃を主体に攻撃を仕掛けてくる男性。

死穢八斎會にスカウトされるまでは詐欺の常習犯だったため、その経験を生かし相手の心理をつくような会話をすることができます。

他のものとは違い、唯一オーバーホールの野望に寄り添うことを許されたものであると自ら述べています。

 

個性

個性は「真実吐き」で、問いかけられたものは強制的に本心を語らせられてしまい、時に本人すら気づいていない弱みも引きずり出されてしまうといいます。

 

酒木泥泥(さかきでいどろ)

特徴

仮面で顔を隠した長髪の男性。

常に酒を飲んでおり、酔っぱらっているのか相手を威嚇するような話し方をするのが特徴です。

 

個性

個性は「泥酔」で、近くにいるものの平衡感覚を奪ってしまうものです。

自身にも影響が及ぶためか天井に張り付き道はあるかないと豪語している。

スポンサーリンク

まとめ

以上、死穢八斎會のメンバー紹介でした。

まだ登場していないメンバーはいるのか、クロノスタシスはどんな個性なのかなど気になることはたくさんありますが、これから徐々に明かされていくことでしょう。

様々な個性でヒーロー達を苦しめる死穢八斎會との戦いからまだまだ目が離せませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)