【ワンピース】作中に登場したポーネグリフをまとめてみた!

スポンサーリンク


 

ワンピースは、ただの海賊物語ではなく、その世界観も深く、「空白の100年」というキーワードをもとに、様々な巡り合わせで歴史が動いている壮大なストーリーとなっています。

そして、今回取り上げるのは、その歴史に深く関係している「ポーネグリフ」です。

今回は、ワンピースに登場する「ポーネグリフ」について明らかになっている情報をまとめてみました!

スポンサーリンク

 

ポーネグリフとは?

ポーネグリフとは、絶対に壊れることも、ひびが入ることもない石碑に、古代文字で記された歴史文とされています。

なので、「空白の100年」以降の800年間、破壊されることなく残り続けています。

また、古代文字は読める人が現在いないとされており、ロビンの故郷であるオハラの考古学者たちが総力を結集して、一部解読し、考察として政府に申し立てた回想シーンもあります。

しかし、この「ポーネグリフ」の解読に挑戦したオハラは、政府のバスターコールにより壊滅。

シルエットだけですが、五老星が手を下したと考えられます。

このことから、「ポーネグリフ」に記されている歴史は、天竜人にとって不都合な内容の可能性が出てきます。

  • つまり、空白の100年に何が起きたか。
  • なぜ天竜人が誕生したか。

この二つが「ポーネグリフ」により判明する可能性があると考えられる、重要な歴史的遺産であることは間違いないです。

そして、それを巡る物語の核心にも繋がることが予想されます。

 

「ポーネグリフ」は、「情報を持つ石」と「その在処を示す石」の2種あると、ロビンは解説しています。

 

また、「リオ・ポーネグリフ(真の歴史の本文)」と赤い石で作られた「ロードポーネグリフ」があるということも、ゾウ編で判明しました。

また、「ポーネグリフ」は、辿っていくこと、繋げていくことで初めてその意味がわかるという話も出ているため、全て揃ってその存在意義があるということも考えられます。

 

ポーネグリフの存在

 

アラバスタ王国のポーネグリフ

「ポーネグリフ」が最初に出てきたのは、アラバスタ王国です。

ロビンが仲間になるきっかけとなった場所。

アラバスタ王国のネフェルタリ家は、この「ポーネグリフ」を守るために数百年間後に継いできました。

 

そしてロビンは、このアラバスタ王国にある「ポーネグリフ」こそ、空白の100年が記されている「リオ・ポーネグリフ」の一つだと踏んで、ここに辿り着きました。

対する、アラバスタを乗っ取ろうとしたクロコダイルは、プルトンがあると踏んで辿り着きました。

しかし、あったのは“プルトン”の在処を示す情報を持つ石の「ポーネグリフ」。

もちろん、クロコダイルにはそのことは伝えてません。

不思議なことに、コブラ国王はそこに書かれていることがわかっている風な描写があります。

「ポーネグリフ」の存在は、ロビンとコブラ国王の会話から明かされました。

ですが、麦わら海賊団にとっては、そこまで重要な話になるとは、この時は思っていなかったと思います。

もちろん読者も。

 

空島のポーネグリフ

次に出てきた「ポーネグリフ」は、空島です。

空島の「ポーネグリフ」は、これも情報を持つ石。

今度は“ポセイドン”の在処を示す「ポーネグリフ」でした。

アラバスタと異なることは、族長はこの「ポーネグリフ」を守る意味も記された内容も知らなかったと言うこと。

さらに、ロジャーが古代文字で記した文章がこの空島にあったことです!

もう一つ気になるのは、この「ポーネグリフ」が運び込まれた黄金都市シャンドラです。

ロビンの考察では、このシャンドラは「ポーネグリフ」を守るために戦い滅びたと言っています。

これもまた伏線となり、航海が進んで行きます。

 

この伏線が回収されたのが、シャボンディ諸島。

ロジャー海賊団の副船長レイリーとはじめて出会った時にも、この「ポーネグリフ」の話が出ました。

ロジャー海賊団は、歴史のすべてを知ったと発言していることから、全ての「ポーネグリフ」を読み解いたということを意味しています。

 

しかし、ロジャーは古代文字を読めたわけではなく、万物の声を聞く能力で、読んだ話だと言っています。

次に進む前に、少し遡ってロビンの回想シーンの話です。

 

オハラのポーネグリフ

ロビンの故郷、オハラの学者達は「ポーネグリフ」の真相に迫っています。

そして、このことが、ロビンが「ポーネグリフ」を追い求める理由と生きる道となっています。

 

オハラの学者は、古代文字の解読に挑み、「ポーネグリフ」をある程度読めるほどまでの解読力を身につけました。

もちろん、ロビンも。

オハラにあった「ポーネグリフ」、ロビンもオハラの学者達もこの内容をほとんど把握したと考えられます。

内容は、「空白の100年にとある王国があった」ということ。

あくまで考察の域を出ませんが、このヒントが隠されていた「ポーネグリフ」だったと思います。

 

新世界魚人島のポーネグリフ

さらに物語は一気に進み、新世界魚人島。

ここにも「ポーネグリフ」がありました。

しかし…ここの「ポーネグリフ」は他と全く違う文章でした。

「ジョイボーイという人物が誰かに当てた手紙、謝罪文のような内容だ」とロビンは言っています。

これは、「ポーネグリフ」の中でも、特殊な「ポーネグリフ」だと考察できます。

 

理由は、ホールケーキアイランド編まで物語りは進みます。

タマゴ男爵が、ビッグ・マムの持っている「ロードポーネグリフ」1種と「ポーネグリフ」2種あると言っています。

しかも、さらっと…

そして、「ポーネグリフ」は“約30個”あるとも言っており、そのうち4種が赤い石の「ロードポーネグリフ」、9種が「リオ・ポーネグリフ」、そして残り“約17個”が石の在処を示す「ポーネグリフ」ということです。

ここに、プルトン・ポセイドン・ウラヌスの在処を示す石と、ジョイボーイの謝罪文の4種を除けば13個。

この13個は、「ロードポーネグリフ」と「リオ・ポーネグリフ」の13個の石の在処を示しているのではないかと考察できるからです。

約30個としたのは、他にもジョイボーイの謝罪文のような特殊な石がある可能性があることを隠してるのではないかとも考えることができます。

 

4種のポーネグリフ

また、ホールケーキアイランド編にはいる前に、ゾウ編で明らかになったこともあります。

赤い石の「ロードポーネグリフ」が4種あること。

この4種は、1つはゾウの国、1つはカイドウ、1つはビッグ・マム。

残り1つは明かされていませんが、この3つをルフィたちが手にするのは時間の問題と言えます。

この「ロードボーネグリフ」をは4つの地点を示しており、その4つが結ぶ中心点がラフテルと、イヌアラシ公爵は言っています。

そして、光月一族がこの「ポーネグリフ」を作ったという事実もここで明かされており、ワノ国が世界政府にも加盟せず、海軍も近寄らせない、鎖国国家と言われています。

要するに、政府に干渉されていないということです。

このことから、「ポーネグリフ」を作ったことと鎖国国家ということは、何かしら因果関係があるということに繋がると思います。

 

その他のポーネグリフ

これ以外にも、ロビンの逃亡生活の中で出来た「ポーネグリフ」。

扉絵で出てきたジンベエがみつけた「ポーネグリフ」。

そして、今までお話した「ロードポーネグリフ」3種。

アラバスタ、シャンドラ、魚人島、オハラ、ビッグ・マムの所に2つ。

合計8つの「ポーネグリフ」と3つ「ロードポーネグリフ」が作中に登場しています。

今後、残りの全ての「ポーネグリフ」が登場するのか、いくつ登場するのかはわかりませんが、一つずつ読み解いていくことで、空白の100年とラフテルの存在を知ることが出来ると考えます。

最後に、ログポースの終着点は、ラフテルではないということと、その時点で気がつく、「ポーネグリフ」と古代文字の謎。

これがどのように発展するのかは、今後のお楽しみだと思います。

ワノ国編で、どのように進展するか気になるところです。

 

まとめ

まとめますと…、「ポーネグリフ」は、現在11個登場しました。

  • ネフェルタリ家が守っているアラバスタの「ポーネグリフ」
  • 空島にある歴史と戦って滅亡したと考えられる黄金都市シャンドラの「ポーネグリフ」
  • 空白の100年に何かしら繋がると考えられるオハラの「ポーネグリフ」
  • 魚人島にあったジョイボーイの謝罪文である「ポーネグリフ」
  • ビッグ・マムが所有している2つの「ポーネグリフ」
  • 幼きロビンが逃亡生活の中で発見した「ポーネグリフ」
  • ジンベエが扉絵で発見した「ポーネグリフ」
  • 光月家およびロジャーと深い繋がりのあるミンク族がいたゾウの「ロードポーネグリフ」
  • ビッグ・マムの所有している「ロードポーネグリフ」
  • カイドウが所有している、ワノ国にあると予想される「ロードポーネグリフ」

 

これらが今後の物語に関わってくるのはもちろん、空白の100年と古代文字、「ポーネグリフ」、政府や天竜人がどのように交わってくるのか。

ラフテルとはどこにあるのか、麦わらの一味は歴史を知ってどうするのか、本当に楽しみではあります。

みなさんもぜひ考察をしながら今後も読んでみると、さらに面白くなると思います。

最後まで呼んで頂きありがとうございました!

 

涙腺崩壊!ワンピース「チョッパー編」が超感動!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)