【ワンピース】ラフテルの意味とは!?ラフテルの正体を考察してみた!

スポンサーリンク


 

週刊少年ジャンプで連載されている海賊をテーマとした大人気漫画ワンピースは、海賊王ゴール・D・ロジャーが「ワンピース(ひとつなぎの財宝)を最後の島であるラフテルに置いてきた」と言ったことで、大海賊時代が始まり物語は始まります。

今回はそんなワンピースの中でも、物語の根幹として非常に重要な最後の島と言われているラフテルについて、その正体や意味を考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ラフテルとは

ラフテルとは、ワンピースの世界に存在するグランドラインの最後の島の名前です。

先ほど紹介したように、ゴール・D・ロジャー曰く「ラフテルにワンピースを置いてきた」とされていて、ラフテルを求めて多くの海賊が海を冒険しています。

ラフテルには、ゴール・D・ロジャーが率いるロジャー海賊団とその他数人しか行った事がなく、「伝説の島」と言われています。

では、本当にラフテルにはワンピースはあるのでしょうか。

また、ラフテルには他にもなにか秘密が隠されているのでしょうか。

 

ラフテルの意味とは

ここまでは、作中で知られているラフテルの基本事項について紹介してきました。

ラフテルはグランドラインの最後の島であり、そこにはワンピースがあることから、たくさんの海賊が目標として冒険しています。

 

白ひげもワンピースに関しては死ぬ間際に存在していることを叫んでいるので間違いないと言えるでしょう。

しかし、おそらくですが、「ラフテルにはただ財宝があるだけではない」という噂も存在しています。

実際に作中では、錦えもんが「自分の親分である光月おでんがゴール・D・ロジャーとともにラフテルにたどり着いて世界の秘密を知った」とも語っています。

これはつまり、「ラフテルには財宝以外にも何かしら世界を揺るがすような秘密」が残されているということともとれ、ラフテルがただの財宝のある島ではないことが言えます。

 

ラフテルにたどり着いた人物

ラフテルの大まかな意味や予想について紹介しましたが、実際にはそのラフテルにはどんな人物がたどり着いているのでしょうか。

まず確実にラフテルにたどり着いた人物の一人としてはゴール・D・ロジャーです。

ゴール・D・ロジャーが今の大海賊時代の発端でもあり、ワンピースにおける最強の人物とも言えるので当然です。

 

他には、ロジャー海賊団のメンバーもゴール・D・ロジャーと一緒に、ラフテルについているのが判明していることから、副船長であったシルバーズ・レイリーや船医であるクロッカスも同様です。

さらにワノ国の人物であり、ポーネグリフを作る家系の光月おでんもゴール・D・ロジャーと共にラフテルに行った事がある数少ない人物の一人です。

作中でわかっている人物はこれくらいですが、おそらくロジャー海賊団の船員はもっといたことはたしかであり、レイリーと同じように生存者はまだいると思われるので、今後登場する可能性は高いでしょう。

 

ラフテルにあるものは「空白の100年間」の真実!?

ネットなどでも噂されていますが、ラフテルに財宝以外に世界の秘密が隠されているとなるとそれは「空白の100年間」の真実ではないかとされています。

おそらくその考察は間違いではなく、ワンピースにおいて「空白の100年間」というのは、かなり重要な伏線の一つであり、未だ謎の多い部分でもあります。

 

また、オハラの人間しか読むことができない「ポーネグリフ」という世界の歴史が書かれた大きな石は、今までにも何個か登場していますが、それを集めることも冒険の中では大きな目的の一つでもあります。

そして、実際にオハラの人物は、ロビン以外は世界政府によって殺されており、何かしらの情報を抹消するためであることは確かです。

世界政府と言えば、世界を統治している組織の一つで、さらに上には天竜人という性格が悪いながらも世界で一番偉いとされている人物たちがいます。

この天竜人は、権力に物を言わせてドレイを作ったり、やりたい放題でありワンピースでは嫌な奴として描かれています。

 

つまり、空白の100年間になにか起きたことで、世界政府や天竜人が権力を手にし、力を得たのだと思われます。

となると、空白の100年間には、世界政府がどうしても隠しておきたい悪行や秘密があると思われ、それが公にされることで、世界情勢が大きく変わってしまうのではないでしょうか。

 

ラフテルの生き残りがDの名を持つ人物!?

ワンピースの中には、Dという文字が名前につくキャラクターが数人存在します。

海賊王であるゴール・D・ロジャーや主人公のモンキー・D・ルフィ、さらにはラスボスとしても噂されている四皇の一人マーシャル・D・ティーチなど、重要なキャラクターにDの名前が付いていることが多いです。

 

そして、作中では未だ謎が多いですが、Dの名のつくものは非常に注意人物だとされていることからも、もしかするとDとつく名前の人物は、かつてのラフテルに住んでいた人物の血を受け継いでいるのかもしれません。

そう考えると、世界政府がDの名前を持つ者を注意していることもうなずけますし、主要人物についているというのも納得がいきます。

さらに、ルフィはかつて何度かどこからか声を聴いたり、ゾウの国のゾウの声を聴いています。

ゴール・D・ロジャーも、「万物の声を聴くことができた」という情報が作中で出ているので、もしかするとDの名前を持つ者は、万物の声を聴いて何かを導くことができるのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ワンピースの最大の伏線とも言えるグランドラインの最後の島である「ラフテル」について詳しく考察しました。

未だ謎なことも多く、あくまで考察なので、間違っている部分もあるかもしれませんが、「空白の100年」やDの名前を持つ者が何かしらラフテルに関係しているというのは予想が付きます。

現在2018年の5月の段階では、まもなくワノ国にルフィ達が向かっているところであり、ワノ国編が始まろうとしています。

そうなるとワノ国では光月おでんの情報からラフテルの情報、ポーネグリフの情報がよりわかることになるでしょう。

ワンピースの物語も「新世界編」となってからかなり経ち、四皇とも立ち向かっていくことになるので、より確信に迫る情報が今後も続々と出てくるのではないでしょうか。

今後はより注目して見ていきましょう。

 

涙腺崩壊!ワンピース「チョッパー編」が超感動!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)