【ワンピース考察】錦えもんの能力や強さは赤鞘九人男で一番上?ゾロの父親である可能性も考察!

スポンサーリンク

ワンピース961話タイトル“山の神事件”では回想で「光月おでん」の強さに救われ、「傳ジロー」と光月おでんの一番弟子争いをしていた様子が描かれたワノ国・赤鞘九人男の一人である「狐火(きつねび)の錦えもん」

ワノ国は、よそ者を受けつけない鎖国国家で「世界政府」にも加盟していません。

侍という剣士達が「強すぎて」海軍も近寄れないと言われています。

今回は、ワノ国・赤鞘九人男の中でも一番はじめの登場となり、麦わらの一味とも長い期間、行動を共にしている「錦えもん」に関して強さやゾロとの関係性などを、まとめました!

楽しんで読んでいただければ幸いです!

スポンサーリンク

錦えもんとは

 

ワノ国に住む侍であり、特に強い実力を持つと言われている「赤鞘九人男」のリーダー格としての役割を担っている人物です。

かつての主君はワノ国・九里大名「光月おでん」であり、おでんの妻である「トキ」の悪魔の実の能力・未来の世界へ飛ばすことができるトキトキ(超人系)の力で20年後の世界に飛ばされた「赤鞘九人男の五人」のうちの一人です。

295cmという長身の侍で、異名は「狐火(きつねび)の錦えもん」です。

刀から炎を出し、炎を斬るという狐火の使い手であり、頭の上に乗せた葉っぱや小石を衣服に変化させることが出来るフクフクの実(超人系)の能力の持ち主です。

パンクハザード編でモモの助の父と初登場した頃は「THE・侍」という感じであり、武士としての誇りを強く持ち、恥を感じれば切腹しようとする人物でした。

ですが、ワンピース961話“山の神事件”では、ワノ国39年前の回想で、力でねじふせ弱い者から金品をとったりする「都のチンピラ」として暮らしていた時のことが具体的に描かれました。

おでんの影響からなのか二刀流での戦闘も可能で、現在、麦わらの一味とはパンクハザード編からドレスローザ編・ゾウ編・ホールケーキアイランド編(ワノ国・先上陸メンバーのみ)・ワノ国編とかなり長い期間、行動を共にしています。

スポンサーリンク

錦えもんの強さ

赤鞘九人男の強さも、まだ未確定ですが、もともとは“おでんが金に困っている”ということを理由に「白舞大名(はくまいだいみょう)・霜月康イエ(しもつきやす)」のところに大金を盗みに入り、捕まっていました。

霜月康イエは、のちの赤鞘九人男となる錦えもんたちに盗もうとした大金を与えました。

おでんはワノ国の将軍となる男であり、支えてゆく者達はワノ国一の侍達でなければならなく、錦えもんたちの様なゴロツキが家臣では、おでんが恥をかくとして

盗もうとした金で身なりを整え、礼儀を学び、本を買い、学問を身につけるように諭しました。

錦えもんと同じ、赤鞘九人男の一人である「アシュラ童子」は百獣海賊団のカイドウを支える三人の「災害」とされる腹心の一人・懸賞金10億ベリーの「旱害のジャック」と互角に渡り合う強さが明かされています。

そのアシュラ童子がワンピース950話“兵(つわもの)どもが夢”で、錦えもんに対して「お前ら“あの日”のままだろう 昔は歳が同じだったが…おいどん達ァ増して20年分強ェど!」と発言していました。

カイドウとの交戦経験も持っています。

錦えもんは「黙れジジイ共 足を引っぱるなよ」と返していたことをみると錦えもんの強さはアシュラ童子以上となりますよね。

赤鞘九人男の中でも「日和」に付けたのが『河童の河松』で「モモの助」に付けたのが『錦えもん』なので、中でも強さが期待される人物ですね。

 

侍と名刀「秋水」

強さが期待されている錦えもんがパンクハザード編であるワンピース699話タイトル“朝刊”でゾロの刀・「秋水」をみて激怒していました。

「国中が涙した大事件!!ワノ国英雄の“墓荒らし騒動”」と発言していました。

錦えもんが知っているという事は、ワノ国から秋水が、なくなったのは20年より前ということになりますよね。

そして、この「秋水」は数百年も昔に死んだ侍・リューマの刀でありリューマの歴戦によって「成った黒刀」です。

リューマは生涯無敗とされている大剣豪であり、大昔ワノ国が「黄金の国」と世界に認識されていた頃、それを欲する海賊・貴族など海外からの並みいる敵に歴々たる強さを見せつけ「ワノ国に侍あり」と世界に言わしめた男です。

スリラーバーク編でも語られた「龍をも切り捨てた」とされるリューマは死後、ワノ国の「刀神様(とうじんさま)」として「秋水」と共に、「国の宝」として、お堂に祀られていました。

ワンピース954話「龍に翼を得たる如し」では光月おでんの娘・日和(ひより)にゾロは、父の形見である「閻魔」を渡す代わりに秋水を返してほしい、ワノ国にとっては国中を悲しませた程の「神器」とされていました。

錦えもんだけが特別に思っている刀ではないですが、ただならぬ刀をゾロは持っていたのですね。

スポンサーリンク

錦えもんがゾロの父親の可能性

ホールケーキアイランド編でサンジの素性が明かされて、読者がワノ国で期待しているのがゾロの素性です。

だいぶ前から「ゾロの両親はワノ国」にいるのではないかという期待があり、現在ワノ国。

ワンピース960話で明かされた錦えもんの都のチンピラ姿は“海賊狩り”をしていた頃のゾロに似ていました。

髪の色は現段階では何色だったのか分かりませんが黒髪ではなかったですよね。

都のチンピラ時代に髪の色を変えていただけなのか、もともと黒髪ではなく侍らしく身なりを整えたのかは分かりませんが「ゾロの父親の可能性」が出てきたのです。

また、作中、空島編などで「神には祈らねェ」や「神に祈った事はねェ」と名言を残している通り、ゾロは「神」を、信じません。

ワノ国編に入ってからも952話「日和と河松」で、「刀神様」として秋水を守るために牛鬼丸(ぎゅうきまる)が負けても刀を返さないのをみて「何が神だ!!」と発言していました。

そしてワンピース961話「山の神事件」では錦えもんが光月おでんと出会う前のチンピラ時代に山の神とされている猪に、幼なじみである「お鶴」を食べられたと聞き、錦えもんは怒り、「その腹 かっさばいてやる!!」と言い「何が“神”だ!!」と言っていました。

光月おでんに「根性あるな  あいつ…」と言われ、傳ジローの「錦さん、もうよせ!!」と止めているシーンは、東の海でのゾロとルフィとコビーを彷彿とさせます。

「倒れる時は仰向けスタイル」も同じであり、ワノ国・侍の共通の特徴なのかゾロと錦えもんの似た特徴なのか分かりませんね。

ゾロは現在21歳なので20年前いなかった錦えもんでも時系列は合いますよね!

スポンサーリンク

まとめ

以上、ワンピースに登場する「錦えもん」に関して、強さやゾロとの関係性などをまとめました!

いかがでしたか?

錦えもんがゾロの父親であった場合、母親は自動的に「お鶴」となりますね。

強さが未知数なので、錦えもんが今後、百獣海賊団の誰と対戦となるのかも楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)