【ワンピース】受け継がれる「麦わら帽子」についてまとめてみた!

スポンサーリンク

ワンピースの主人公ルフィのトレードマークでもある「麦わら帽子」。

この「麦わら帽子」は、代々受け継がれてきていますが、いまだその経緯は明らかになっていません。

今回はそんなワンピースの「麦わら帽子」について、まとめてみましたのでご紹介します。

 

ワンピースの麦わら帽子

ワンピースの主人公であるモンキー・D・ルフィーは「麦わら海賊団」と呼ばれる海賊団の船長を務めています。

ルフィの一番の特徴でもある「麦わら帽子」は、「四皇」と呼ばれる海の支配者の一人、赤髪のシャンクスから譲り受けたものです。

しかし、その赤髪のシャンクス自身も、その「麦わら帽子」をゴール・D・ロジャーから受け継ぎました。

では、その「麦わら帽子」は、どのようにして受け継がれてきたのでしょうか。

今までの持ち主の特徴などと合わせて、その受け継がれた状況をご紹介していきます。

 

現在の麦わら帽子の持ち主モンキー・D・ルフィ

まず、今現在の「麦わら帽子」の所有者は、モンキー・D・ルフィです。

ルフィは…、

  • グランドラインのイーストブルー出身
  • 麦わら海賊団船長
  • 体をゴムのようにして攻撃する「ゴムゴムの実」の能力者

であり、現在の懸賞金は15億ベリーにもなる注目の海賊の1人です。

最新の懸賞金ランキングは、「ワンピース最新懸賞金ランキング」にまとめていますので合わせてご覧ください。

 

父親は革命家であるモンキー・D・ドラゴンで、母親は未だ明らかになっていません。

 

モンキー・D・ルフィは、まだ子供だった頃に、その麦わら帽子を赤髪海賊団の船長である赤髪のシャンクスから受け継いでいます。

受け継いでいるといっても、作中では第1話にあたるエピソードにおいて、海王類からルフィを守ったシャンクスがその別れ際に「会いに来て返す」ように言われていることから、その「麦わら帽子」はルフィに預けられたものと思われます。

このときからルフィは、その「麦わら帽子」をかぶるようになるとともに、海賊に憧れを抱くようになった「きっかけ」でもあります。

それから現在に至るまでの長い旅の中で、麦わらのルフィと赤髪のシャンクスがちゃんと顔を合わせて出会うことはなく、現在のところ「麦わら帽子」の所有者はモンキー・D・ルフィとなっています。

 

2人目の麦わら帽子の持ち主、赤髪のシャンクス

次は二人目の麦わら帽子の持ち主であるシャンクスについて紹介していきます。

赤髪のシャンクスは…、

  • 赤髪海賊団の船長
  • 「四皇」のひとり
  • 覇王色の覇気の使い手

であり、他の「四皇」の百獣のカイドウや黒ひげ、ビッグ・マムなどと同等の強さを持っています。

「四皇」については、「ワンピース」で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

「悪魔の実」の能力者であるかどうかは今のところ明らかになっていませんが、覇気だけで相手を気絶させる力を持っていることから「覇王色の覇気の使い手」であることはわかっています。

シャンクスの顔には、同じ四皇である黒ひげにつけられた「三本の爪あと」のような傷があるため、黒ひげと一度戦っていることはわかっていますが、どのような経緯で傷を負ったのかなどの詳しいことはわかっていません。

シャンクスは、未だに謎の多い海賊の一人であり、今後いろいろと秘密が明かされていくことでしょう。

 

赤髪のシャンクスは、元はゴール・D・ロジャー海賊団の船に、現在王家七武海の一人である道化のバギーとともに「見習い」として乗っていました。

その時に、ゴール・D・ロジャーから麦わら帽子を受け継いでいるようですが、詳しくは明らかになっていません。

この時、すでにゴール・D・ロジャーは不死の病にかかっており、先が長く無いことを自ら悟っていたことから、新人で将来有望なシャンクスに「麦わら帽子」を譲り渡したのかもしれません。

シャンクスが「麦わら帽子」を譲り受けた時の年齢は、11歳くらいです。

ルフィもシャンクスから「麦わら帽子」を譲り受けた年齢もそれくらいですので、シャンクスはルフィに何か感じるものがあったのかもしれません。

 

最初の麦わら帽子の持ち主ゴールド・D・ロジャー

おそらく最初の「麦わら帽子」の持ち主であろう人物は、ゴールド・D・ロジャーです。

もしかするとゴールド・D・ロジャーも誰かから「麦わら帽子」を受け継いだ可能性はないとは言えません。

しかし、現時点の作中で確認できるかぎりでは、ゴールド・D・ロジャーが最初の麦わら帽子の持ち主です。

ゴールド・D・ロジャーが麦わら帽子をかぶっていたことを知っているのは、同じ海賊団として長年ともに旅してきたレイリーや、見習いだったシャンクス、バギーくらいで、多くの海賊たちは「麦わら帽子」のイメージはシャンクスとルフィにしかありません。

レイリーに「一緒に旅に出よう」と声をかけた時には、すでに、ゴールド・D・ロジャーは、麦わら帽子をかぶっていたので、冒険を始めた当初からかぶっていたことは判明しています。

 

今後も麦わら帽子は受け継がれるのか!?

ここまで3人の人物に受け継がれた「麦わら帽子」ですが、今後も受け継がれることはあるのでしょうか。

 

「D」への受け継ぎ

ルフィにもロジャーにも名前に「D」があります。

そして、今のところ、シャンクスの本名は判明していませんが、Dの名前である可能性もなくはないでしょう。

つまり、「D」つくの名を持つ子供に、その「麦わら帽子」を受け継いでいくと考えることもできます。

 

ルフィから・・・

ルフィは麦わら帽子を「シャンクスに返す」ことを目標としていることからも、現在の「麦わら帽子」の本当の持ち主はシャンクスということになります。

そのため、現在のルフィから他の人物に麦わら帽子が受け継がれるという展開はまずないと言えるでしょう。

しかし、今後、ルフィがシャンクスに麦わら帽子を返す際に、正式にルフィのものとして受け継がれることが決まった時には…、

  • ルフィの子供に託す
  • 「見習い」の海賊に託す
  • 将来有望な人物に託す

そんなこともあるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回はワンピースの麦わら帽子について紹介しました。

主人公の大きな特徴でもある「麦わら帽子」は、ストーリーの大きな「謎」や「伏線」にもつながっています。

なぜ、ロジャーはシャンクスに譲り渡したのか、さらには、なぜシャンクスはルフィに預けたのか…、それらの謎は、今後明らかになっていくことでしょう。

ひとまずは、ルフィが立派な海賊となって、シャンクスに麦わら帽子を返す日が来るのを注目するのがいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です