【呪術廻戦】死んだキャラを一覧形式でまとめてみた!!

スポンサーリンク

今回は「呪術廻戦」の死んだキャラをまとめました。

呪術師・人間に限らず・特級呪霊は重要なキャラなので一覧に入れていきたいと思います!

呪術廻戦の前日憚が物語の始まりなので0巻から遡りました。

主人公の虎杖もですが、死んだはずなのに登場していたりして、死亡キャラなのか分からなくなったら確認して活用してもらえれば嬉しいです!

スポンサーリンク

呪術廻戦・死亡キャラ一覧

 

折本 里香(おりもと りか)

呪術廻戦0巻・1話・タイトル『呪いの子』で11歳の時に乙骨 憂太の目の前で車に頭をつぶされて死亡しました。

その後は特級過呪怨霊として7年間、乙骨と共に過ごしますが0巻・最終話タイトル『眩しい闇』で解呪に成功しています。

 

金森(かなもり)

呪術廻戦0巻・3話タイトル『弱者に罰を』で夏油 傑に呪いを祓ってもらうために1億500万を寄付したが、夏油によって殺されました。

 

夏油 傑(げとう すぐる)

呪術廻戦0巻・最終話タイトル『眩しい闇』で特級過呪怨霊・折本 里香と乙骨に戦闘不能にまで追いやられ、親友である五条 悟にトドメをさされました。

五条が「言い残すことはあるか」という問いに「ただ、この世界では私は心の底から笑えなかった」と答え、これに対しての五条のセリフは現在でも公開されていません。

でも、それを聞いた夏油 傑は「最期くらい呪いの言葉を吐けよ」と笑っていました。

 

虎杖 悠仁の祖父(いたどり ゆうじ)

呪術廻戦1巻1話・タイトル『両面宿儺』で寿命にて亡くなりました。

虎杖にかけた最期の言葉は「オマエは大勢に囲まれて死ね  俺みたいにはなるなよ」でした。

 

岡崎 正

呪術廻戦1巻6話タイトル『呪胎戴天』で少年院の受刑在院者 第ニ宿舎で施設の閉鎖後に取り残された5名の内の1人。

伏黒・虎杖・釘崎の3人が向かった時には、呪胎は特級呪霊になっており、他2名と共に手遅れでした。

 

佐山・西村・本田

呪術廻戦3巻19話タイトル『幼魚と逆罰』で吉野 順平の同級生3人が特級呪霊・真人に殺されました。

 

吉野 凪(よしの なぎ)

呪術廻戦3巻25話タイトル『固蠢愚』で吉野順平の母・吉野 凪が腰から下が欠損し遺体で見つかっています。

宿儺の指を目の前に置かれ、呪霊に襲われたことが死因です。

 

吉野 順平(よしの じゅんぺい)

呪術廻戦4巻27話タイトル『もしも』で真人に“無為転変(むいてんぺん)”され、形を変えられ虎杖の目の前で死んでいます。

 

高専2級術師3名・準1級術師1名・補助監督5名・忌庫番(きこばん)2名

呪術廻戦7巻53話タイトル『完遂』で明かされた“交流会”での特級呪霊・花御(はなみ)と真人の乱入で真人サイドで出た高専の人的被害です。

 

金田 太一・島田 治・大和 広・森下

呪術廻戦7巻55話タイトル『起首雷同』で自宅マンションのエントランスで呪霊による刺殺(森下は実家の玄関前)で同じ状況で死亡しました。

金田 太一は盛岡で、島田 治は横浜で、大和 広は名古屋で、森下はさいたまが死亡地域です。

 

血塗(けちず)

呪術廻戦7巻61話タイトル『起首雷同―漆―』

特級呪物“呪胎九相図(じゅたいくそうず)1~3番”の1つです。

虎杖と釘崎が相手をして、釘崎が“黒閃(こくせん)”をきめて、“簪(かんざし)”で殺しました。

 

壊相(えそう)

呪術廻戦8巻62話タイトル『起首雷同―捌―』で虎杖と釘崎が相手をして、虎杖に“黒閃”をきめられ、黒閃をきめた後の釘崎の“共鳴り”を受け、虎杖がトドメの一撃で殺しました。

 

星漿体・天内 理子(すいしょうたい・あまない りこ)

天元の星漿体である天内 理子は、五条 悟と夏油 傑に守られていましたが、呪術廻戦9巻72話タイトル『懐玉―捌―』で術師殺しをしていた伏黒 恵の実父・伏黒 甚爾(ふしぐろ とうじ)に銃で頭を撃たれて殺されました。

 

伏黒 甚爾

呪術廻戦9巻75話タイトル『懐玉―拾壱―』で五条 悟に追い詰められ、言い残すことはあるか聞かれた時には、「2、3年もしたら俺のガキが禅院家に売られる  好きにしろ」と託していました。

この後、再登場しますが“あくまで降臨術”で生き返っているわけではありません。

 

灰原 雄(はいばら ゆう)

呪術廻戦9巻77話タイトル『玉折―弐―』で産土神信仰の土地神(1級案件)だったところに七海と訪れ、灰原は遺体で高専に戻っていました。

 

メカ丸・与 幸吉(むた こうきち)

呪術廻戦10巻82話タイトル『宵祭り―参―』で呪術高専京都校2年のメカ丸が特級呪霊・真人と戦って死亡しました。

これは11巻91話タイトル『渋谷事変⑨』で、その日付は本人が残した“保険”によると10月19日と明かされています。

 

花御(はなみ)

呪術廻戦10巻85話タイトル『渋谷事変③』で花御は五条 悟の「まずはオマエから祓う」という宣言通りに祓われました。

 

蝗GUY(コウガイ)

バッタの呪いからうまれた2級呪霊です。

呪術廻戦10巻87話タイトル『渋谷事変⑤』で虎杖に祓われました。

 

オガミ婆

呪術廻戦12巻98話タイトル『渋谷事変⑯』で禅院 甚爾の降霊術で“肉体の情報”しか降ろしていないのに魂まで乗っ取られ、その後、甚爾に殺されているようです。

 

特級特定疾病呪霊・疱瘡神(ほうそうがみ)

呪術廻戦102話タイトル『渋谷事変⑳』で冥冥(めいめい)と憂憂(ういうい)が祓いました。

 

陀艮(だごん)

呪術廻戦111話タイトル『渋谷事変②⑨』で禅院 直毘人・真希・七海・伏黒 恵も参戦しましたが最後は甚爾が連弾で一気に祓いました。

 

漏瑚(じょうご)

呪術廻戦116話タイトル『渋谷事変③④』で宿儺相手に、ついに退場となりました。

衝撃を受けた読者は多かったのではないでしょうか。

死亡時、陀艮・花御が迎えにきていたのも感動的でした。

スポンサーリンク

まとめ

以上、『呪術廻戦の死亡キャラ』まとめでした!

人間・術師・呪霊とありますが、人とコミュニケーションのとれる呪霊は特級ではなくても一覧に入れました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)