【東京喰種:re】最強キャラ決定戦!強さランキングベスト40!

スポンサーリンク

第30位「霧嶋 董香」(きりしま とうか)

 

経歴

喫茶店あんていく出身であり、弟は絢都・おじは四方です。

かつての「あんていく」の意志を引き継ぎ、元「喫茶:re」店主をしていました。

作中の“6年後”では無事に出産したようで「金木 一花」(カネキ イチカ)を天然の半喰種として育ており、第二子も授かっているようです。

ベストバウト!「VS六月 透」

re12巻からです。

六月が安浦 晋三平を連れてカネキを取り戻そうとして、トーカと六月が交戦しました。

reに入り戦闘もめっきり減ってしまっていましたが、叔父に四方、弟に絢都、旦那にカネキという環境なので、弱くなる理由もないかと予想いたします。

お腹に子供を身籠っている状態で六月を相手に出来ていましたので、そんなに鈍っていないということを証明したかと思います。

 

第29位「葉月ハジメ」(はづき はじめ)

経歴

もともとは父母を喰種に殺害されており、“喰種被害孤児”であり、CCGに保護されていました。CCGの養護施設にて訓練を施され、クインクスの適正を見出だされます。

子供たちで形成された新造のクインクス部隊であり「オッガイ」のあー班、指揮役、班長です。特に嗅覚が優れています。

作中の年齢11歳と驚きです。カネキの熱狂的ファンのようです。

 

ベストバウト!「VS府河(ふか)」

re13巻でSレート府河を含む“黒山羊(ゴート)”のメンバーを一人で倒しました。

カネキにやられて退場してしまいましたが11歳にして、この強さなので生きていたら、まだまだ強くなったと思われます。

 

第28位「法寺 項介」(ほうじ こうすけ)

経歴

無印の時点で准特等捜査官であり真戸の元・相棒でした。reでは特等捜査官となっていました。

法寺特等もタタラも人気がありましたので、もっと戦闘を見たかったという読者は多かったと思います。

 

ベストバウト!「VSタタラ」

 

re9巻、流島戦でのタタラと法寺特等です。

途中、オウルから邪魔が入ったものの、法寺特等の中国時代(2年半)はタタラの兄の攻略に費やしていたようでクインケ・赤舌で終わらせようとしていました。

オウルが入らなければ法寺特等がタタラを討伐していたと思います。

スポンサーリンク

第27位「ナキ」

 

経歴

13区ジェイソンが率いていた“白スーツ集団”の現首領です。ヤモリ亡き後も崇拝続けています。

S級でありますが暴走癖があります。

re10巻ではカネキと戦闘となり「白スーツの首領が この程度か ヤモリの足元にも及ばないな」と発言されています。

ガギやグゲ、ホオグロ、承正から絶大な信頼があります。

 

ベストバウト!「VS宇井 郡」

 

re9巻、流島戦でのシーンです。

ミザに死んだと思われた程に衰弱していましたが、本人曰く「休憩中」だったようで、歴代の“梟”にも通用する宇井の攻撃を正面から受け止めました。

 

第26位 「霧嶋 絢都」(きりしま あやと)

 

 

経歴

トーカの弟であり、SS喰種で通称・ラビットです。

作中、赫者化などはしませんでしたがアオギリの樹にいた頃は若くして幹部にまでなっており、黒山羊(ゴート)でも単独で行動できる強さがありました。

安定した強さですね。

 

ベストバウト!「VS鈴屋什造」

re2巻でのオークション戦からです。

囮捜査で六月と什造はオークションに参加していて、絢都と交戦となりました。

什造は右足の義足にナイフ型のクインケ・サソリを潜めており、オークション内に潜入しました。クインケ・ジェイソンがない状態で絢都と交戦になり「ウサギさん相手は…ジェイソンじゃないと ちょっと分が悪いですかねえ」と言われていました。

 

第25位「ヤモリ」

経歴

アオギリの樹に属していました。

随一の格闘センスを持ち、残虐性も強いです。生きていた頃から13区のジェイソンとして怖れられていました。

 

ベストバウト!「VS金木 研」

無印の7巻からです。

金木が覚醒し、戦闘となりましたが、ヤモリは赫者化していますし、什造はヤモリの赫子でクインケ・ジェイソンを作っていて特等にまで上り詰めていますので、やはり“ヤモリはreを含めても強いのではないか”というとこに行きつきました。

結果的にヤモリにトドメを刺したのは什造でしたが、ヤモリはほぼ戦闘不能の赫者化でしたのでランキングはタタラの次にしました。

スポンサーリンク

第24位「タタラ」

経歴

アオギリの樹の幹部です。中国の元「赤舌連」の首領の血縁者で中国系喰種です。

兄を駆逐した法寺特等に強い憎しみを持っていました。赫者化しています。

エト以外に「アオギリの樹」の“王”が有馬貴であることを知っている人物でもありました。

ベストバウト!「VSオウル(滝澤政道)」

re9巻で法寺特等・真戸暁がタタラを相手に戦っているところにオウル(滝澤 政道)が乱入し、討伐となったシーンです。

赫者化したタタラは、かっこよく、もう少し戦闘シーンを見たかったですね!

 

第23位「安久 黒奈=クロ」(やすひさ くろな)

経歴

元は人間でありカネキと同じく、かつて嘉納によって喰種化施術を受けた「黒奈」が双子の妹「奈白」を吸収した姿です。

フロッピー(失敗作)とされていますがSSレートです。

re8巻ではクロは一人で鈴屋班を相手にしています。阿原 半兵衛と一対一の時には圧倒的な力の差を見せつけ、半兵衛は目で追えなくなるほどのスピードを持ちます。

“6年後”は欧州へ渡り、ヒトを襲う“喰種”を撃退する活動を行ったようです。

中東の紛争地域などを渡り歩いたとされますが、その後の足取りは不明との事です。

スイ先生の新作で出てきたりしたら嬉しいですね!

 

ベストバウト!「VS亜門 鋼太朗」

re11巻での滝澤ことオウルとの共闘で亜門との戦闘シーンです。

暁のケガの治療のためにRc抑制剤を取りにラボに潜入したカネキたち(滝澤・クロナ・絢都)は“赫者化”し暴走した亜門と遭遇し、対戦カードはカネキと思われましたが、滝澤・クロとなりました。

トドメは滝澤が担いましたが、クロの戦闘もかなり良かったと思います!

 

第22位「死堪」(しこらえ)

経歴

コクリアのSSレートの独房でエトとタタラによって開放された喰種です。

会話らしい言葉は話しませんが、赫子を4種とも使えます。

ロマとはコミュニケーションがとれていて、「あにさん」と呼び、よく行動を共にしていました。

ベストバウト!「VS一般人・TSC活動員・准特等」

作中の“6年後”では人びとに仇なす者もいるようです。

死堪は他者のRc細胞をとり込み、あらたな赫子を形成するという特殊な能力を所持していた個体、死堪は、「竜遺児」の細胞を取りこみ、赫者化しました。

個体による被害者数は記録的でありTSC発足以降、最悪の適性喰種となりました。

スポンサーリンク

第21位「和修 政」(わしゅう まつり)

 

経歴

1890年より前、“喰種”と刃を交え喰種退治を生業としてきた一族のひとつで中でも随一の力を誇っていたのが「和修」です。

CCG喰種対策局局長であった和修 吉時の息子であり、温和な人柄で和修家でありながら親しみやすさをもつ吉時とは違い、政は無駄を嫌い、合理的思考の持ち主です。

18歳でドイツのアカデミーに入学し、Ⅰ課の二等捜査官として最前線で戦い、“喰種”一族ロゼヴァルト家の壊滅などの功績を挙げています。

人を“数”と捉える冷徹な姿勢は最大の“効果”と“犠牲”を生み、政がドイツで率いていたチームは当期では最高の成績と死傷者を出していました。

自らの血に誇りをもつ徹底的な「和修至上主義」でした。

CCG内でも指揮能力など頭脳派のエリートが配属されるⅡ課にいました。

作中では“6年後”、局長継承権をもつ、和修最後の生き残りでしたが、継承権を放棄し、一般TSC職員として実直に勤めたようです。

和修家の歴史などをまとめ、「竜遺児」の研究活動に貢献しました。

妻と別れた後は和修の姓を捨て、“鈴木”を名乗り、二人の間に子はなく、和修直系の血は途絶えました。

一番、意外だったかもしれませんね。

 

ベストバウト!「VS旧多 二福(和修吉福)」

re13巻で帰ってきた丸手たちの急襲により総議長室から逃げ出した旧多を捕まえようとした政との空中戦のシーンです。

結局、旧多に「ほも!」と悪口を言われ逃げられてしまいましたが、旧多も引く程の戦術でした。

東京喰種最強キャラランキング第20位~第11位は「次のページ」をご覧ください。

漫画やアニメを無料視聴する方法はこちら!

2 件のコメント

  • 私一個人の意見ですが、考察が甘いと感じます。
    まず最強キャラを決めるに当たって、そのキャラの1番強かったとき”最盛期”(例、什造なら無印のときではなくARATA JOKER着用時、篠原さんなら植物期ではなくエト戦時)を参考にするべきだと思います。何故、有馬貴将なら両目に視力があった時、芳村さんならもっと若かった頃のように主に実力が衰退している状態で戦闘しているキャラがいるからです。
    また戦闘で勝利はしているものの明らかに負けた側が手加減しているもしくは装備に不足があった場合の戦闘から、そのキャラの評価を身長に見直すべきだと思います。何故なら、例えばエトの戦闘を見直すと、相手側が手加減している場合が多く、もしも本気の戦闘になった場合は敗戦している可能性がある場面があります。なのでCCGでの評価をそのまま強さランキングに持ち込むと実際の強さには差異が生まれていきます。そのためこのランキングにも過大評価されているキャラが生まれています。過大評価を見直すべきだと思います。
    ここからは質問になりますが、リゼ(最終形態)や鯱、ナァガラジなどランクインが当然の用に感じるキャラをランキングに反映しないのは何故なのかとても疑問に感じます。理由をお答え頂きたいです。

    以上。長文失礼致しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)