【キングダム】人気キャラランキングベスト10

スポンサーリンク

ヤングジャンプで連載中の大人気歴史漫画、キングダム。

様々なキャラクターが登場し、主人公だけではなく魅力があるキャラクターもたくさんいます。

そこで、キングダムの「人気キャラクターベスト10」を考えましたのでご紹介いたします!

スポンサーリンク

【キングダム】人気キャラランキングベスト10

 

10位 騰

https://twitter.com/iKudoShinichi/status/1070052678946967553

元王騎軍の副将。王騎の右腕として長年支え続けてきた人物です。

王騎が目立ちすぎるが故、騰が霞んでしまいますが、実力は王騎が認めているほど。

王騎亡き後、鍛え抜かれた精鋭部隊を率いて、合従軍の臨武君を討ち、秦軍に貢献しています。

台詞が少ないため、何を考えているかわからないキャラクターですが、大将軍としての素質と強さは十分あります。

敵陣を突っ切っていく時のかけ声「ファルファルファル」が特徴的です。

あまり前に出ないところが良く、隠れた人気を誇るキャラクターの1人です。

 

9位 河了貂

信が政と出会い、その後すぐに出会った初期キャラクターの1人です。

一度、信から離れますが、昌平君の元で軍師として鍛え上げられ、飛信隊が3000人隊となり軍略という壁にぶつかった際、再登場します。

広い視野で信に的確なアドバイスを出し、飛信隊の軍師として頭角を現します。

男くさいキャラクターばかりの漫画ですが、軍師としても珍しい娘軍師として、飛信隊のみなから信頼されています。

密かに信のことを思っている描写もあり、軍師として信の役に立ちたいという思いもあり、今後も活躍していくと思います。

 

8位 羌瘣

河了貂より登場は遅いですが、政の命を狙う刺客として送り込まれ、信と戦うなど、初期メンバーの1人です。

刺客一族である蚩尤(しゆう)の末裔で、口数が少ないですが、飛信隊の副将として信の右腕で活躍しています。

女性キャラクターということもあり、可愛いさと強さを兼ね備えており、飛信隊の中でも部下から慕われ人気があるキャラクターです。

実力は、王騎と討った趙国三大天の一人である龐煖と一騎打ちをし、持久力不足で敗走しますが、勢いに乗ると互角ぐらいまで力を引き出すことが出来ます。

信へ厚い信頼があり、同時に信からも完全に任されるなどお互いの信頼感が強いです。

また、河了貂と同様に、信に好意を抱いている描写もあり、信との子供を産みたいなど爆弾発言(羌瘣自身意味をあまり分かっていなかった)をしたりと、今後の展開ももしかしたらな重要なキャラです。

もちろん、読者からも人気があり、一度は離脱しましたが今後も信の右腕として活躍すると思われます。

スポンサーリンク

 

7位 李牧

https://twitter.com/SGR_HS/status/1068627804546248704

信の宿敵。

趙国三大天の一人で、王騎軍と戦った際、王騎を退けた軍略家です。

戦闘シーンがほとんどないですが、麻鉱将軍を不意打ちでも一撃で討った実力と、軍師としては中華トップクラスであり秦にとっては脅威な人物。

史実でも、猛威であった北の騎馬民族匈奴を討伐したり、秦国から国を防衛したりと、守戦の名将として記述があります。

合従軍の軍師としても活躍し、あと一歩のところで秦国を潰すところまで攻め込んだり、幾度となく秦国の壁となって現れます。

合従軍後は、一時は左遷されてしまいますが、秦がまた攻めてきた際には討って出て、活躍しています。

信としては、王騎、麃公を目の前で討たれた際にその場を仕切っていた宿敵であり、1つの目標でもあると思います。

キャラクターとしては、冷静沈着で、爽やかなキャラクターであるため、一部から人気があります。

 

6位 王賁

信のライバルの一人。

秦の大将軍である王翦の息子。

槍使いとして玉鳳隊を率いて信と同じように成長していきます。

貴族出身ということもあり、エリート気質なためか、下僕出身の信には特にライバル意識が強いです。

正確は真面目で、プライドが高く、信と同じく負けず嫌いです。

実力は努力と才能で得た槍術で信と引けを取らず、槍の達人であった魏の紫伯を討ち取っています。

中々活躍の場がない王賁ですが、現在進行中の王翦率いる秦軍と李牧率いる趙軍の戦闘まっただ中ですが、何やら親である王翦との確執の話も見えて不穏な感じもあります。

しかし、この戦闘でまた1つ飛信隊と同じく大きくなる予感がありますので、今後の展開に期待したいと思います。

スポンサーリンク

5位 蒙恬

https://twitter.com/aiki0103281/status/1070303961704390656

王賁と同じく、信のライバルの一人で、秦の豪傑蒙武の息子。

弟は蒙毅。

性格はつかみ所がなく飄々としたキャラクターです。

気楽で楽観的なように見えて、実は戦略と剣の実力の文武両道というバランスがあります。

本人も、実は文官希望なため、3人の中では知的なキャラクターです。

剣術の使い手ですが、信とは異なり柔軟さがあります。

現在李牧率いる趙軍との戦で、朱海平原の左翼の将軍である麻鉱が李牧に討ち取られ、士気が激減した麻鉱軍を立て直すなど、広い視野と臨機応変さはずば抜けています。

そして、この時に、3人のうち誰よりも早く、臨時ではありますが左翼将軍となります。

https://twitter.com/Ariwara_K/status/990601808916578305

キャラクターもイケメンで、当たり障りがないことも含めて読者から人気があるキャラクターです。

 

4位 桓騎と王翦

同ランクとして二人をランキング入りさせました。

白老と呼ばれた蒙驁の副将二人です。

この二人とも戦の天才と呼ばれるほど相手の裏をかくことが得意で、意表をついて相手を討ち取ります。

寡黙で何を考えているかわからないが、策略は李牧ですら読めない軍略を持っている王翦。

一方で、山賊あがりで、ゲリラ戦術や独自の戦で、やや毒が有り危うい存在です。

二人の共通点は、合従軍にて活躍したことと、戦は強いが、政治的な意味で何を考えているかわからず、野心がありそうなところだと思います。

お互いに戦略が独特で、桓騎は残虐さがあり、王翦は台詞が少ないというマイナス要素がありますが、隠れた人気のキャラクターの二人だと思います。

スポンサーリンク

3位 楊端和

楊端和は当初、山野の民の王として登場し、信と政が出会ったばかりのころから二人に協力している古参キャラクターです。

男かと思いきや女性で、素顔は容姿端麗、しかし戦となると負け知らずに、あっという間に山の民を統べる王となりました。

合従軍においては、秦国の窮地を救い、李牧軍である趙との戦では、自分を囮にしてぎりぎりのところで、犬戎族に大逆転勝利するという戦をします。

山の民との戦でも、楊端和自身が囮となり、そこを狙ってきた相手を逆に制するという戦をずっとしてきたという台詞もあるため、この戦術で王となったと言えます。

性格は、凜としていて、王の風格があり、皆から慕われるキャラクターです。

政が平地の王、つまり中華統一するまでは、山野の民の王として協力するという約束があるため、今後も秦軍として登場すると期待したいです。

 

2位 信

キングダムの主人公。

楽観的なとこがあり、短期で戦馬鹿。

負けず嫌いで、ライバルである蒙恬と王賁には特に意識をしています。

しかし、性格は、優しく義に厚く、下僕時代に親友と鍛え挙げた剣術を武器に強敵を倒していきます。

戦略は本能タイプで、戦い方は無茶ばかりする無鉄砲なところがあり、時として格上相手でも底力で相手に打ち勝つほどの強さがあります。

信の初陣である魏との戦場、蛇管平原で王騎と出会い、以後、自分を鍛えるために王騎将軍の元で修行をしようと思った矢先に、王騎と共に馬陽防衛戦に出陣。

そこで王騎からの命で飛信隊と言う特別遊撃隊の結成をしたことが、始まりの一歩でした。

元々、信は戦争孤児で下僕という身分で、親友である漂と大将軍を夢みて切磋琢磨していました。

漂の死後、漂とうり二つの政に出会い、政と共に歩むことを決め、政を守っていく中で今の仲間達と出会うことになります。

王騎の最後にも立ち会い、王騎の矛を受け取り、その後は、三百人将、千人将、三千人将、そして羌瘣と合流して、4000人、8千人と、飛信隊を大きくしていきます。

主人公なだけに、逆境に負けない強さと、その成長の著しさが見物です。

 

1位 王騎

キングダムの中でも、特に人気があるキャラクターです。

王騎は元々、秦の昭王時代に使えた武将で、六将軍の一人として現役の頃は他国から恐れられた一人です。

政が王になってからは、六将の最後の生き残りとして秦の怪鳥として政に仕えます。

笑い方が独特で、「ココココ」という笑い方をし、「ンオッフウ」などオカマっぽい口調が当初は謎キャラクターと思われていました。

https://twitter.com/hose_paz/status/1016252030376005632

身体がでかく、一度一線を退いたにもかかわらず強さは龐煖と一騎打ちして互角。

性格は根が優しく、冷静に物事を判断することが出来、将来のことも考えて行動するタイプ。

王弟反乱時の初期では、政と敵対側についていましたが、政に仕えていた晶文君とは古い仲で、彼の「政は昭王を超える」という言葉から政に興味を持ち、味方として政側につくことになります。

政を認め、昭王の遺言を伝えるなど、壮絶な最期を遂げますが、信に矛を託して、後世にもかなり影響力を与えています。

王騎が討たれたことで、主人公である信がまた1つ成長し、そして王騎を討った李牧を目標として、復讐にはとらわれず、討つべき目標となった事が、信の強さの秘訣の1つだと思います。

王騎は、最初は取っつきにくいキャラクターかと思いきや、様々な人物に影響力を与え、かといって出しゃばらずに、強さは将軍としては中華トップクラスで、個人の実力も龐煖と同じかそれ以上。

まさに天下の大将軍の名にふさわしいキャラクターです。

普段のしゃべりかたとのギャップや、大将軍としての風格から、最後まで印象的なキャラクターであることが読者の中では人気を誇っています。

>> 感動の名言が盛りだくさん!「心に残るキングダム名言10選」はこちらから

スポンサーリンク

まとめ

以上「キングダム人気キャラランキング」でした!

いかがでしたでしょうか?

各キャラクター、まだまだ語り足りない部分も多く、これだけ個性豊かなキャラクターの中がいるキングダムの魅力が少しでも伝わったなら嬉しいです。

キャラクターの良さは、読み進めていかないとわからない部分もあるため、ぜひ最初から読んでいただきたい作品だと思います。

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)