【ハンターハンター】幻影旅団メンバーをランキング形式でまとめてみた!

スポンサーリンク

連載と休載を繰り返すハンター×ハンターですが、これから暗黒大陸編に突入し、さらに白熱した展開が予想されます。

その前にこの先必ず物語に絡んでくるであろう「幻影旅団のメンバー達についてランキング」を交えてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

幻影旅団ってどんな組織?

通称「蜘蛛」と呼ばれている盗賊集団で団長を蜘蛛の頭、団員を蜘蛛の12本の足に見立てた13人で構成されている組織になります。

所属している団員全員が危険度レベルAの賞金首であり、体のどこかに通称にもなっている蜘蛛の刺繍と団員ナンバーを入れています。

結成は団長であるクロロ・ルシフェルが13歳の時で、当初のメンバーは団長含めウボォーギン、フィンクス、フェイタン、フランクリン、ノブナガ、シャルナーク、マチ、パクノダの9人となっていました。

そこに結成後から加わった、シズク、コルトピ、ボノレノフ、カルトの3人を含め13人構成となります。

 

旅団の活動としては窃盗や殺人、時には慈善活動も行っています。

基本的にメンバーは団長の指示に従って行動をしますが、最優先は団長を生かすことではなく幻影旅団を存続させることとなっています。

そのため、欠員が出た場合の「ルール」もしっかりとつくられており、旅団に入るには団員を倒して入団の意思を示すか、団員から推薦を受けることが条件となっています。

一見、ルールに従ってただただ殺戮を繰り返す集団と見られがちですが、団長が囚われたり団員が殺されたりしたときには怒りをあらわにしたり、仲間をなんとか助け出そうとしたりと人間としての情を見せる一面も持っています。

 

それでは、幻影旅団の特徴を確認したところで、早速強さランキングを見ていきましょう!

スポンサーリンク

幻影旅団強さランキング

 

第14位 コルトピ=トノフメイル

「神の左手悪魔の左手(ギャラリーフェイク)」を使う具現化系能力者で、左手で触れたものを右手で複製することができ、本人曰くビルなら50は複製できてしまうといいます。

ただし、生き物は複製することができず、動かない物体(人形のような形や見た目だけ)としてなら複製可能となっています。

また、複製したものは必ず24時間経つと消えてしまいます。

 

旅団メンバーの中で一番小柄な体をしていて、いつも髪の毛で顔を隠しています。

見た目からも分かるように力こそは弱いものの、能力は便利でオーラの量は「ビル50複製できる」という発言からもかなりのものがあったと思われます。

残念ながらコルトピは天空闘技場のヒソカVSクロロ戦の後、ヒソカの手によってすでに殺害されてしまっています。

 

第13位 パクノダ

「記憶弾(メモリーボム)」を使う特質系能力者で、人や物体に触れるだけでそこに残っている記憶を読み取ることができ、その記憶を具現化し弾に込めて撃つことで他の人にも相手の記憶を見せることができます。

また、弾丸は一度に6発まで撃つことができ、記憶を読み取られた人が具現化した弾で撃たれるとその記憶を失ってしまいます。

旅団初期メンバーで団長であるクロロは、パクノダの収集する情報に信頼をよせていましたが、旅団を助けるために自分を犠牲に「クラピカの能力」によって死んでしまいます。

 

第12位 シズク

念で具現化された「掃除機(デメちゃん)」を操る具現化系能力者。

様々なものを掃除機の口で吸いこむことができ大きなものから重たいものまで、さらには傷口から毒を吸い込んだり血液を吸い込んだりもできます。

ただし、自身が生き物と認識してしまっているものや他者の念は吸い込むことができません。

あまり感情を表に出さないため無表情なことが多いですが、戦闘になると掃除機をそのまま鈍器として使用し殴りつけたり、忘れたことは思い出せなかったりなど表情からは読み取れない意外な一面を見せることもあります。

 

第11位 カルト=ゾルディック

名前からも分かるようにゾルディック家の娘であり、5人兄弟の末っ子となります。

「蛇咬の舞(だこうのまい)」という扇子で紙を飛ばして攻撃する操作系能力者で、無数の紙を蛇のように連ねることで対象を切断したり、紙を体に貼り付けることで紙を通して対象の周りの会話や音を聞くこともできます。

着物姿をした清楚で物静かそうな見た目とは裏腹にゾルディック家の血筋なのか相手をいたぶり倒す癖をもち、思い通りにいかないと苛立ちを見せたりもします。

旅団に入った理由は「兄さんを取り戻すため」と発言しており、その兄さんとは誰のことを指すのかまた入団することでなぜ兄を取り戻すことに繋がるのか、未だ謎の多いキャラクターとなっています。

スポンサーリンク

第10位 マチ=コマティネイト

https://twitter.com/KouyoZz/status/887916432826146817

「念糸(ねんし)」と呼ばれるオーラを糸状にして扱うことを得意とした変化系能力者で、糸の長さによって強度も変わり1メートルの糸であれば1トンほどの重量を持ちあげることができます。

戦闘から治療にまで使える能力で特に「念糸縫合」という技では切断された体を血管や神経に至るまで完璧に繋ぐことができます。

忍者のような風貌で女性でありながら勝気で男勝りな性格をしており、お腹に受けたキルアの貫き手を筋肉で抜けさせなくするほど強靭な肉体も持ち合わせています。

ゴンやキルアと同じようにヒソカのお気に入り(ヒソカの玩具として)にされている人物でもあります。

 

第9位 ノブナガ=ハザマ

常に刀を所持しており、居合の達人である強化系能力者。

半径4メートルまで円を伸ばすことができ、その間合いに入ったものを瞬時に切りつけることができます。実際に能力をお披露目していないため、その強さはまだ予測の域を出ません。

旅団初期のメンバーであり、旅団の特効役をともに務めるウボォーギンとは親しい関係にあります。

 

第8位 フランクリン

両手の指から念弾というオーラの塊を飛ばし攻撃する「俺の両手は機関銃(ダブルマシンガン)」を扱う放出系能力者。

マシンガンとは言うものの一発の威力はすさまじく軽々と腕や頭を吹き飛ばすほどの破壊力を有している。

フランケンシュタインのような風貌をしており、威力が上がる気がするという理由で自分の指を切断し、イメージによる念弾の威力向上を果たします。

 

第7位 シャルナーク=リュウセイ

「携帯する他人の運命(ブラックボイス)」というオリジナルの携帯電話で人間を操ることのできる操作系能力者で、付属のアンテナを刺すだけで対象をロボットのように操ることができます。

自身にアンテナを刺すことで自動操作モードが発動しオーラが飛躍的に上昇するが、能力解除後は3日間程体の痛みと疲労に見まわれ動けなくなってしまいます。

初期メンバーの一人であり優れた思考力と分析力から参謀的な役割を担っていましたが、コルトピと共にヒソカによって殺害されてしまいます。

スポンサーリンク

 

第6位 ボノレノフ

「戦闘演武曲(バトーレ・カンターピレ)」を使う具現化系能力者で、体の各部に空いた穴を使って奏でた音を戦闘力に変えて様々なものを具現化します。

「序曲(プロローグ)」では鎧と槍で武装して攻撃し、「木星(ジュピター)」では木星を模した巨大な球体で対象を押し潰す攻撃を繰り出していました。

普段は包帯で全身を包んでおり、ほっそりとした体つきをしているが戦闘になると見た目からは想像できないような攻撃を繰り出してくるのが特徴です。

スポンサーリンク

第5位 ウボォーギン

まるで獣のような風貌と巨大な体つきをした強化系能力者。

必殺技の「超破壊拳(ビッグバンインパクト)」は拳にオーラを集中させて放つ渾身のストレートパンチでその威力はただのパンチとは侮るなかれ、小型ミサイル程の威力を誇ります。

見た目通りに強靭な肉体をしており、旅団内での肉体的な強さはナンバー1となります。

その強さを証明するように、銃弾は歯で受け止め、戦車を破壊するほどのバズーカは片手で受け止め、その一声は相手の鼓膜さえ破くほどの爆音となる、超肉体系パワーファイターです。

 

パクノダ同様、クラピカの能力により死んでしまいます。

 

第4位 フィンクス

腕を回せば回すほどパンチの威力が増していく「廻天(リッパーサイクロトロン)」を使う強化系能力者で、回す回数に比例して威力が増大していくが限界がどこまでなのか本人もまだわかっていない強大で未知の能力を有しています。

ウボォーギンの次に強い腕力を持っており、短気ですが仲間思いな一面も併せ持っています。

普段はなぜかスフィンクスの被り物のようなものを被っていますが、外出時はジャージを着用することが多い衣装選びが不思議なキャラクターです。

 

第3位 フェイタン

変化系能力者で有する能力は「許されざる者(ペインパッカー)」。

相手からもらったダメージを数倍にして返す技で、今までに使われた技は「太陽に灼かれて(ライジングサン)」の太陽のような物体で周囲を放射熱で焼き尽くす技になります。

ほかにも技を隠し持っているようで、その力の全容は未だ計り知れません。

会話の語尾に「ね」をつけたり、戦闘などで激怒すると不思議な言語を話し出したりと特徴的なしゃべり方をするキャラクターです。

 

第2位 ヒソカ

一時的に旅団に加入し、その後脱退してしまったヒソカですが、かつての旅団メンバーの1人としてランキングに加えました。

連載当初から登場している変化系能力者で、オーラをゴムのように伸縮させて使う「伸縮自在の愛(バンジーガム)」とオーラでいろいろな物を再現する「薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)」を使い相手を翻弄します。

旅団脱退後からすでに二人のメンバーを殺害し、団長であるクロロとも渡り合っていることからも、肉体的にも能力的にもかなりの実力を持っている強者と言えるでしょう。

 

第1位 クロロ=ルシフル

1位はもちろん団長クロロとなります!

能力は「盗賊の極意(スキルハンター)」で、ある条件下で相手の能力を本に封じ込んで盗み使用することができる特殊な技を有しています。

また、盗むだけでなく能力を借りることも可能でさらには本にしおりを挟むことで二つの能力を使うことも可能としています。

過去にはゾルディック家のジルバとゼノ二人を相手に渡り合った経験もあり体術、念術ともにスキがなくまさに最強といっても過言ではないでキャラクターでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

最後におまけとなりますが、単行本に収録されていた純粋な力のみの順位を示す腕相撲ランキングをご紹介します。

こちらも見ていただければより一層旅団の力関係がわかると思いますので確認してみてください。

以上、幻影旅団強さランキングでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)