【七つの大罪】ホークの正体は魔神王の目!!

スポンサーリンク

「七つの大罪」の中の愛すべきマスコットキャラ「ホーク」

しかし、その正体については謎が多く、第一話から登場しているにもかかわらず、ホークの正体はほとんど明かされずにきていました。

さまざまな伏線からホーク=ワンドルでは?という見方が強かったのですが、七つの大罪第243話で「ホークが実は魔神王とつながっていた」ということがあきらかになりました。

ということで、今回はあらためて「ホークと悪魔神王」についてまとめてみましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

ホークについて

プロフィール

  • 体長/100cm
  • 体高/50cm
  • 体重/140kg
  • 血液型/B型
  • 種族/豚
  • 誕生日/8月6日生まれ
  • 年齢/16歳
  • 出身地/ホークママの中
  • 魔力/変身(トランスポーク)
  • 闘級/30(魔力0/武力25/気力5)
  • しゃべる豚

なんと、ホークは言葉を理解し、話してしまうとんでもないエリートな豚です。

可愛らしい見た目の豚で、決して強そうではありませんが、自信に溢れたそのスタンスはみている私たちまでを元気にしてくれます。

「七つの大罪」が冤罪により指名手配された直後に、記憶をなくしたメリオダスと穴蔵の中で出会い、第1話からからメリオダスの友としてホークママと一緒に旅をしています。

店名の「豚の帽子」も、ホークママのシルエットが帽子を被った豚に見えるために名付けました。

自称「残飯処理騎士団団長」で、「豚の帽子亭」の残飯を食いつくします。

耳には「STAR BOAR」と書かれたタグを付けていましたが、ヘンドリクセンの「黒死(デッド・エンド)」を受けて死にかけた際に紛失、それ以降は「バロールの魔眼」をマーリンから譲り受けて付けています。

 

魔力

ドルイドの試練を受けて魔力が開花、ただのマスコットだったホークも、作中で魔力を使い戦闘で活躍するシーンが増えてきます。

 

「変身/トランスポーク」

魔力を持つ生物を食べることで、相手の特徴をトレースした姿になり、特定の技を使用可能になります。効力は排便するまで持続します。

食べた生物によりホークの闘級も変わることが特徴で、食べる生物が強ければホーク自身も強くなります。

今までに食べた生物は次の通りです。

 

「タイラントドラゴン」

闘級/610(魔力80、武力520、気力10)

ドラゴンのような見た目になり、鼻から炎を出して攻撃します。

 

「サンドクローラー」

闘級/190(魔力80、武力100、気力10)

脚が無くなり、尾ビレと胸ビレを持つヌルヌルした魚のような姿に変身。地面の中を自由に移動できます。

 

「赤色魔人」

闘級/1030(魔力450、武力480、気力10)

身体が赤くなり、魔神の角が生えます。結構強いです。

 

必殺技

「ローリング・ハム・アタック」

回転を加えた高速突進。

 

「スーパー・ロース・イリュージョン」

残像が残るほどの高速移動で体当たりします。

 

「フォゲット・ミール」

自身の気配を消し、死角から攻撃を仕掛けます。

 

神器 「ダブルホーク」

マーリンが神器を欲しがるホークに与えた魔法具で、元の名は「ヒートホーク」。

持ち手にリボンが結ばれ、豚のマークが入っているフォーク。

威力は低く、試しにハウザーの腰に刺したところ腰が温まり気持ちよさそうなりました。

 

「ワンドル」=「ホーク」?

ワンドルとはメリオダスの相棒だったオウムで、ホークと同じように話すことができましたが、ダナフォール王国滅亡の際(16年前)に命を落としています。

ホークも「昔は空を飛んでいた記憶もある」と話していることから、ワンドルが転生したのではないかと言われています。

もちろんそれだけでなく、口の悪さや、ワンドルの胸とホークのお尻のマークが同じだったり、何より、同じつぶらな瞳をしているんです。

スポンサーリンク

ホークの正体が魔神王の目だった!

https://twitter.com/Gugenka_info/status/1055727977814618112

第183話で、メリオダスが死に煉獄へ落ちた際に魔神王との会話で交わした意味深な言葉がありました。

「なに、我が忠実な目が貴様に起こったこと全てを見せてくれただけのことよ…」

この発言から、メリオダスの近くに魔神王の忠実な監視役がいるということがわかり、更には、ホークの正体こそが魔神王の目ではという見方がささやかれ始めました。

そして、243話のメリオダスの言葉とマーリンによりホークの正体が明かされました!

ホークの正体明かしたメリオダスの言葉

エリザベスを助けるには自分が魔神王になるしかないと言ったメリオダスに対しホークは、

「何が魔神王になるだー!」

「いいか!?てめぇは最強の騎士団〈七つの大罪〉団長で最悪に飯のまずい〈豚の帽子〉亭の店長だろーが!」

と怒りの声を挙げますが、そのホークに対しメリオダスがい放った言葉が…!

「オレたちが苦しむ様を盗み見てさぞ楽しかっただろう…魔神王…」

その後、メリオダスは仲間の前から去ってしまうのです。

予想外な展開ですが、さらにその続きがあるんです。

 

マーリンもホークの正体に気づいた

メリオダスが去り、マーリンはホークのことをしげしげと見つめ、その瞳の中を覗き込んでいるとあることに気づきます。

「ホーク殿そなた…煉獄と繋がっているな…」

ホークの瞳を通して、魔神王はメリオダスをずっと見ていたことが判明した瞬間です。

 

ホークの正体は裏切者か?

メリオダスの言葉とマーリンの解析により、ホークの目を通して魔神王がメリオダスらを監視していたことが判明しました。

では、ホークは裏切者になんでしょうか?

煉獄とのつながりが判明した後、メリオダスを救うために、バンがホークの目を通り煉獄に行きます。

その際、ホークはバンにこう言います。

「なぁバン…ちゃんと戻ってこいよ?…お前がいねーと、うまい残飯が食えなくなっちまうんだからな…」

もし、ホークが裏切り者だとしたら、バンにこんな台詞は言わないでしょう、

それに、本当に裏切り者ならマーリンがなんらかしらの手を打つはずです。

予想ですが、ホークはワンドルの生まれ変わりで、転生する時に魔神王に呪いなどを掛けられて「魔神王の目」として利用されていたのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

以上、ホークと魔神王についてまとめました。

どうでしたか?

個人的にホークやワンドルが人の言葉を使えるのは、魔神王の力の影響があるのかなと思いますが真相はどうなのでしょう。

ホークの目が煉獄につながっていたことは驚きの事実でしたが、バンが煉獄に行くための唯一の道となり結果は良い方へと向かいましたね。

うまく使用すればメリオダスの呪いを解く機会も作れそうですし、今後の展開が楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)