【七つの大罪】光の聖痕(スティグマ)のメンバーをまとめてみた

スポンサーリンク

七つの大罪の世界で3000年前に行われた聖戦は、「光の聖痕(スティグマ)」と魔人族の争いです。

今回は、「光の聖痕」のメンバーをまとめました。

スポンサーリンク

光の聖痕(スティグマ)とは

十戒などの魔人族と戦うために集まった、女神族、妖精族、巨人族、人間による連合軍で、妖精の森を拠点としています。

メリオダスやエリザベスの他、後に十戒となったドロールやグロキシニアも一員でした。

「光の聖痕」は平和を掲げるも、リーダー格の女神族リュドシエルは、魔人族の根絶が最終的な目的となっていました。

また、その他のメンバーも魔人族に憎しみを持つ者が多いようです。

聖戦には勝利し、魔人族の封印には成功しますが、内部では、エリザベスとリュドシエルの意見の違いや、人間の裏切りなど、問題の多い連合軍でした。

 

光の聖痕(スティグマ)メンバー一覧

 

メリオダス(主人公)

魔神族。

魔神王の息子であり、3000年前の聖戦のきっかけとなった人物です。

十戒のリーダーでもありましたが、仲間2人を殺し、十戒を抜けました。

「光の聖痕」に加わる唯一の魔人族です。

しかし、聖戦の勝利後には、魔人族に関わらず女神族と恋に落ち、さらに、仲間を殺した罪により、魔神王と最高神からエリザベスと共に呪いを掛けられてしまいます。

呪いの名は「永遠の生」と言い、歳を取らず、たとえ死んでも蘇ります。

現在は、呪いを解く方法を模索している最中です。

 

エリザベス

女神族

最高神の娘で、他の女神族にも慕われる高位の女神です。

メリオダスが魔人族を裏切るきっかけとなった人物です。

聖戦時には、魔人族の根絶よりも、全種族の融和を目指して行動していました。

聖戦後には、十戒まで助けようとしたことや、魔人族であるメリオダスとの恋仲を理由に、メリオダスと共に呪いを掛けられてしまいます。

呪いの名は「永劫の輪廻」と言い、死ぬと前世の記憶を失い、再び人として生まれてを繰り返します。

もし前世の記憶を思い出してしまうと、必ず3日で死にます。

さらに悲しいことに、メリオダスとは転生する毎に絶対出会い、エリザベスは必ずメリオダスの目の前で息絶えます。

現在は107回目の転生となっています。

 

リュドシエル

女神族

四大天使の1人で魔人族を憎んでいます。

さらに心の中では、女神族以外の存在を見下しています。

聖戦時には魔人族を根絶やしにすることを目的とし、時には汚い作戦を講じることもあります。

そのため、エリザベスとは反りが合わず、普段は体の良い反応をしつつも、陰では「小娘」と呼ぶなどの悪態を付いています。

 

タルミエル

女神族

3つの頭部を持つ四大天使の1人です。

高い治癒力と戦闘力を持ち、十戒が相手でも圧倒します。

エリザベスを尊敬し、彼女には忠実に従います。

 

サリエル

女神族

子どものような風貌をした四大天使です。

タルミエルと一緒に十戒と闘います。

十戒のデリエリとモンスピードをエリザベスが救出しようとした際には、彼女に手を貸してくれます。

また、エリザベスの言うことを聞かず、魔人族を根絶しようとするリュドシエルに嫌な顔をしていました。

 

マエル

女神族

リュドシエルの弟で四大天使の1人です。

エスカノールの持つ「太陽」の本来の持ち主で、非常に強力な力を持っていたようですが、聖戦時にエスタロッサによって殺されてしまいます。

 

ネロバスタ

女神族

デンゼルが自身の命と引き換えに召喚した女神です。

デンゼルの体に憑依し、十戒のデリエルと闘いますが、聖戦の際に女神族が魔人族の子や女を人質にし、さらには殺害したことをデリエリに明かします。

その結果、デリエリがブチ切れて殺されてしまいます。

 

ドロール

巨人族

石のような肌と4本の腕を持った巨人です。

「巨人族の始祖」「大地の神」といった二つ名を持っています。

しかし、本当は種族の祖でも神でもない、ただ巨大な肉体と強力な魔力を持っていたため、他の巨人族に恐れ祀り上げられたにすぎません。

そのため、孤独感が強く、真の同胞という物を知りません。

聖戦時にはゼルドリスと戦うも魔力を封じ込められ、負けてしまいます。

魔人族への勧誘はその際に受けて、自身と同じ異形の者が集まるならと、承諾してしまいます。

当初は敵として登場しましたが、後にディアンヌに更なる力を与え、十戒を脱退します。

その後はチャンドラーの攻撃から七つの大罪を救うも、グロキニシアと共に敗北してしまいます(恐らく死亡しています)。

 

グロキシニア

妖精族

3000年前に命を落としたと言われていた初代妖精王で、妖精の香りはジンジャーです。

巨大なアゲハ蝶のような羽を持ち、神樹に選ばれた最初の者に与えられるという「霊槍バスキアス」を操って戦います。

「光の聖痕」に加入した人間の裏切りにより、仲間とゲラード(妹)を殺され、人間に強い憎しみを持たために十戒に加入してしまいます。

ドロールと共に敵として現れますが、聖戦時の自身の決断に疑問があり、キングを鍛えその答えを見いだします。

その後、十戒を抜け七つの大罪に味方するようになりますが、あえなくドロールと共にチャンドラー倒されます。

 

ゲラード

妖精族

妖精の香りはミントです。

グロキシニアの妹で、兄と共に聖戦時は戦っていました。

本編の198話では、妖精王の森で、グロキシニアに「生きていてくれたんスね」と言われ、ゲラードが涙を流すシーンがあります。

その瞬間のグロキシニアの慈愛のこもる表情から、ゲラードはグロキシニアにとって、真に大切な存在だとわかりました。

聖戦時には人間の青年ロウと親しくなりますが、ロウたちの裏切りにより敵対します。

 

ロウ

人間

倒れていた魔人族を助けたところ、女神族にその魔人族共々村を亡ぼされてしまい、女神族を恨んでいます。

「光の聖痕」には内部崩壊を企てるべく加入しますが、元恋人と重なって映るゲラードのこと殺すことが出来ませんでした。

ゲラードを守って戦いますが、タイミング悪く来たグロキシニアによって殺害されます。

現在はゲラードを守るため、黒妖犬(ブラックハウンド)オスロ―として転生しています。

 

まとめ

以上が「光の聖痕」のメンバーでした。

本作では再び聖戦が勃発しそうな展開となっておりますが、果たして女神族と魔人族の戦いに終止符を打つことができるのでしょうか。

今後の展開に期待です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)